会議の場での話し方|発言が苦手な方必見

会議の場での話し方|発言が苦手な方必見

会議はいろいろな意見交換を活発にしながら進行するのがベストですが、
実際はなかなかそうはいかないものです。
遠慮がちな人は何も発言せず、自己主張が強い人はどんどん発言する。
結局一人、二人の独壇場になる会議の方が実は多いと思います。

 

そんな雰囲気と、何も決まらない会議、会議自体が苦手という方も多くいらっしゃいます。
ここでは、会議が苦手な方向けに、どうやって会議で話せばいいかをご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

そのままリアクションする

例えばここでは、新しいスマホアプリ企画を会議で決める場面だとしましょう。

 

上司「何かいいアイデアはあるかね?」
同僚A「最近はスマホアプリでポイントが貯まったりしますね」
あなた「ポイントが貯まるとお得感ありますからね〜」
同僚B「ポイントを貯めること自体が好きな人もいますから。ポイントを貯めた達成感を演出できないですかね」
あなた「達成感は確かにほしいですね!」

 

他の人の意見を相槌のように、そのまま復唱しています。
これだけでも黙っているより会議の場の雰囲気が格段に良くなります。

 

意見を求められたら引用する

リアクションしていると、意見を求められることもあります。
その場合、前に誰かが言った意見を引用するのがおすすめです。

 

同僚C「達成感なら、やはり限定商品をプレゼント、とかどうでしょう」
上司「なるほど。君は何か意見はあるかね」
あなた「Cさんの意見と似ていますが、限定○○なんてどうでしょうか」

 

引用することでCさんの顔を立てることができますし、仮に芳しい反応がなくても連帯責任にすることができます。
また、引用できるような発言がなかった場合でも、ニュースや雑誌の記事などを引用すれば説得力を持たせることができます。

 

このように自分でアイデアが浮かばなかったとしても、発言せずに気配を消すよりはリアクションを取ったり、相手の意見を膨らませたり
して会議を「手伝う」ようなスタンスでも会議に貢献することができます。
仮にそれすら難しいような会議の場合は

 

「今日は勉強をしにきたんだ」

 

という気持ちで一生懸命メモをしたり、聞いているだけでも、雰囲気は周りに伝わります。

 

スポンサードリンク

会議の場での話し方|発言が苦手な方必見関連ページ

話す順番
興味をそそる話し方
相手に飽きさせないコツ
面白いアングル
身振り手振りを活用しよう
ニッチな話題
ポジティブな感情は表に出す
ネガティブな感情は我慢すべし
褒める 気付く
相手の話を覚えておく
感謝と心配を伝える
数字を使う
会話に必要な3つもの
合言葉は「か・い・わ」
人に合った言葉を使う
信頼される話し方
接続詞を上手に使う
目線を使う
オウム返しすべき状況
あいさつ+一言
話しかけやすい人になる
話しづらい人と仲良くなる
人との距離を詰めるのが上手い人
質問されたとき「はい」「いいで」だけで終わってませんか?話し上手になりましょう
ねぎらいの言葉をかければ、お互いに優しい気持ちになれる
例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ
名前を呼ぶだけで好かれる
ストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ
「ポジティブ言い換え」を是非マスターしよう
会話が盛り上がるシーン別マジックフレーズ
上手な断り方を身につけよう|誘いや提案をスマートにかわす方法
気遣いの言葉の掛け方|男性女性問わず、ビジネスでも使えるコツ
ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方
相手のいいところを探すように話せば、会話上手になれる
相手の口調やしぐさを真似るミラーリングで仲良くなる
人から信頼される話し方とは
つい聞きたくなる!飽きさせない話し方のコツとは?

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術