ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし

スポンサードリンク

ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし

ノリツッコミは、相手のボケに合わせればいいので簡単にできますし、場が和みやすいのでおすすめのテクニックです。
ボケの話題に散々乗っておいて、最後に我に返ってツッコミはを入れるとより笑いを取りやすいです。

 

例えば、物ボケに対してはノリツッコミが使いやすいです。

 

A「この書類に山田係長のサインを貰ってきて」
B「え、サイン?山田係長って有名人なんですか!?」
A「そうそう、俺あの人の大ファンなんだよ。やっぱり色紙買ってきた方がいいかな〜って、なんでやねん!」

 

スポンサードリンク

 

A「あ、弁当に箸付いてないや、割り箸ない?」
B「はい、どうぞ(ハサミを渡す)」
A「そうそう、このカツ一口じゃ食べられないから、ハサミでチョキチョキして〜って、違うだろ!」

 

ボケにしばらくノリ続けてから、ハッと間違いに気が付いたようにツッコミましょう。
コツは自分の素の状態で、独り言のように自然に乗ること。
淡々と乗ってからのほうが、「〜って、なんでやん!」が活きてきます。

 

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、勢いよくやった方が笑いが取れます。
「なんでやねん!」が言いづらかったら、自分の言いやすい言葉に変えて構いません。
でも「〜って」は必ず入れた方がいいです。
「〜って」を入れることで、ノリとツッコミが分かりやすくなり、面白くなります。

 

「〜って、なんでだよ!」「〜って、バカ!」「〜って、おかしいだろ!」
自分で一番しっくりくる言い方で構いませんので、日々練習しましょう。
自然になればなるほど、笑いが取れます。

 

スポンサードリンク



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術