ターゲットを見つけて盛り上げる|飲み会の会話術

ターゲットを見つけて盛り上げる|飲み会の会話術

飲み会の席を盛り上げる方法として、とても効果的なのが「いじられ役のターゲットを見つけること」です。

 

 

ターゲットの見つけ方は、いじられ役が嫌いじゃなく、ノリのいい返しができる人を探しましょう。

 

あなた「ついに10回連続振られたんだって?」
同僚「失礼なやつだな。11回目だよ。」
といったようなツーカーな関係が理想です。

 

 

関係が出来ていない相手をいじって、イジメのような雰囲気なってしまったら最悪です。
気をつけていじらないと、場の雰囲気を悪くしてしまいます。

 

 

ちょっとした失敗や、おもしろいクセ、悪気のないウワサをぶつけてうまく返してくれるような人がいると必ず飲み会のは盛り上がります。

 

 

あなたがいじっているうちに、皆もいじれるようになり、場が一体となって盛り上がります。

 

 

スポンサードリンク

 

ただし繰り返しますがターゲット選びは慎重にしてください。
嫌がっている人を繰り返しいじるのは単なる嫌がらせですし、見ている周りも気まずくなってしまうでしょう。

 

 

そしてターゲットをいじりやすくて、笑いが取れるおすすめのテクニックが

 

リメンバー天丼

 

です。

 

 

天丼は同じネタを繰り返して笑わせるテクニックですが、それにリメンバー=「思い出す」を組み合わせます。
何を思い出すのか。
それは「さっき出た話題」です。
さっき出た話題からターゲットをレッテル貼りして、天丼でいじります。
・・・何を言ってるのか分からないと思いますので、実例でご紹介します。

 

 

例えば、飲み会のメンバーの中、納豆に砂糖を入れて食べる人(以下「納豆砂糖」)がいて、その話題で盛り上がったとします。
(実際私の友人にいました)

 

スポンサードリンク

 

そして別の話題のなった後がチャンスです。
さっきの「納豆に砂糖を入れるヤツ」でレッテル貼りして、思いだして天丼でいじります。
虎視眈眈とチャンスを狙って行きましょう。

 

 

例えば、あなたが納豆砂糖にからかわれたら、
「そんなこと、納豆に砂糖入れるヤツに言われたくないよ」

 

 

納豆砂糖がお酒をこぼしたら
「納豆に砂糖入れてるから、そういうミスをするんだよ」

 

 

納豆砂糖が何もしなくても使えます。
「そこのグラス取ってもらえる?あ、砂糖は入れないでね」

 

 

さっき盛り上がったネタを持ってくるのがコツです。
盛り上がったネタの思いだし効果、天丼効果、ボケ効果が相まって、全然上手い事言ってないのに

 

「うまいな〜」

 

なんて爆笑してもらえることもあります。

 

 

盛り上がったネタを一回で捨ててしまうのは勿体ないです。
ターゲットをいじるために大事に取っておきましょう。

 

スポンサードリンク



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術