例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ

例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ

話が面白い人は例えるのが上手な人が多いです。
自分のフィルターを通して、相手わかりやすくイメージできる例えをポンっと出せる人は、聞き手を惹き込みます。
また、上手に例えられると笑いも取れたりするので、例える力は日々磨きましょう。

 

人間は基本的に「興味があること」「経験したことがあること」以外には情報がスッと入ってきません。
なので相手が共感できるような事柄に例えることができれば、伝わりやすさがグンと上がります。

 

スポンサードリンク

 

お笑い芸人でいえば松本人志さんは笑いのほとんどを例え話で取ってます。
例え話の達人ですね。
明石家さんまさんも例え話を連発しています。
このようにお笑いのトップが、例え話で笑いを取っているんです。
例え話が聞き手をいかに惹き込むかという証拠です。

 

ビジネスではデータを細かく提示して、説明して相手に分かってもらうシーンがありますが、例え話で相手にイメージを一瞬で伝える技術もビジネスマンには必要です。

 

例えば「視聴率調査の機械は数百世帯にしか付いてないらしいけど、それで正確な視聴率が計れるの?」
という質問に答えるときに、
「統計学上、無作為に取り出したサンプルがある程度あれば、そのサンプルの結果から、かなりの割合で票全体の動向が読み取れる。全体の1%の世帯を調べれば、信頼度95%のデータが取れる」
と答えるよりも、
「例え話だけど、寸胴鍋いっぱいに作ったスープの味見するとき、スープ全部飲まなくてもスプーン一杯で味はわかるでしょ。それと同じこと。」と答えた方が相手は「あ、なるほどね」とイメージが早く伝わります。

 

例え話でまず使いやすいのが「有名人に例える」です。
この「有名人例え」は誰もがイメージしやすいので、一瞬で頭に絵が浮かびます。
そして使った瞬間に効果を実感できる裏技なので、是非使ってください。

 

「バーのマスターがガッチリした体格で、整ったヒゲをはやしてて、目力がスゴイんだよ。でも笑顔が可愛くてね。」
というよりも、
「バーのマスターが千葉真一みたいでね。」
といえば、相手は一発でイメージがわきます。
誰もが知っている有名人に例えると、聞き手も楽しい気分になれます。

 

家電芸人の関根勤さんが、「液晶テレビとプラズマテレビどっちがおすすめですか?」と聞かれて、「それって、上戸彩さんと柴崎コウさんを比較するのと同じですよ。可愛いか美人かの違いで、どちらもすばらしいので自分の好みで選べばいいんですよ」と答えてました。
とても分かりやすい有名人例え話ですね。

 

以下のような例えは、相手に伝わりやすいのでオススメです。
まずはここから試してみてください。

 

スポンサードリンク

 

身近なもので例える

相手にとって身近なものであればあるほど、伝わりやすくなります。
子育て中の人には、子育てで例えるのがいいでしょうし、食べ歩きが趣味の人には、料理で例えれば伝わりやすくなるでしょう。
料理や健康など、誰にとっても、馴染みのあることもおすすめです。
例えば、誰にでも愛される人を、
「あの人は卵みたいだ。おでん、牛丼のトッピング、オムレツ、なんでも合うんだから」とか
適材適所を説明するときに、
「日本酒と刺身、ワインとステーキのように、合う合わないがあります」といった具合です。

 

有名なもので例える

先ほど紹介した有名人で例えるのも、これにあたります。
外見を例えてもいいですし、他にも「基本が大切」と伝えたいときに、
「かの有名なイチローは自分で決めたマイルールを徹底して守って一流になった」などエピソードで例えるのも効果的です。
有名人以外にも、例えば東京オリンピックで例えたり、誰もが知っていることならなんでもOKです。
有名人でなくても、お互い知っている共通の知人で例えるのも親近感がわいて効果的です。

 

タイムリーなもので例える

時事ネタなど、最近話題になっていることで例えます。
最近ブームになったポケモンGOや、流行語、TPPなどニュースで取り上げられているものは、誰もがイメージしやすいからです。

 

例え話の練習方法

簡単に挑戦しやすい例え話が、「対比」です。
例えば、「月とスッポン」がこれにあたります。

 

AとBにはこれだけ差があるということを表現するときに、対比による例え話が出来ると、笑いを取れたりもします。
「私なんてあなたに比べて大したことが無い」と言いたいときに
「いやいや、Aさんと私では、月とスッポンですよ」でもいいですが、このバリエーションを増やす練習から始めましょう。

 

雄大な物としょぼい物で対比して「富士山とマッチ棒」でもいいですし
人気動物としょぼい生き物で対比して「人気パンダとミジンコ」でもいいでしょう。
食べ物を使って「ズワイガニとカニカマ」でも面白いです。

 

こういった対比で例えるときは、まずはオチの方から決めると面白い例えになります。
上記の例では「マッチ棒」「ミジンコ」「カニカマ」ですね。
このしょぼい方がうまく例えられれば、それだけで笑いを取ったり、場を和ませることができます。

 

こういった例え話のトレーニングを続けるうちに、自然と相手の話を聞いて、
「なるほど、つまりそれって○○みたいなものですね」と要約できるようになったりします。
積極的に例え話を作って話してみましょう。

 

スポンサードリンク


例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ関連ページ

話す順番
興味をそそる話し方
相手に飽きさせないコツ
面白いアングル
身振り手振りを活用しよう
ニッチな話題
ポジティブな感情は表に出す
ネガティブな感情は我慢すべし
褒める 気付く
相手の話を覚えておく
感謝と心配を伝える
数字を使う
会話に必要な3つもの
合言葉は「か・い・わ」
人に合った言葉を使う
信頼される話し方
接続詞を上手に使う
目線を使う
オウム返しすべき状況
あいさつ+一言
話しかけやすい人になる
話しづらい人と仲良くなる
人との距離を詰めるのが上手い人
質問されたとき「はい」「いいで」だけで終わってませんか?話し上手になりましょう
ねぎらいの言葉をかければ、お互いに優しい気持ちになれる
名前を呼ぶだけで好かれる
ストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ
「ポジティブ言い換え」を是非マスターしよう
会話が盛り上がるシーン別マジックフレーズ
上手な断り方を身につけよう|誘いや提案をスマートにかわす方法
気遣いの言葉の掛け方|男性女性問わず、ビジネスでも使えるコツ
ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方
相手のいいところを探すように話せば、会話上手になれる
相手の口調やしぐさを真似るミラーリングで仲良くなる
人から信頼される話し方とは
つい聞きたくなる!飽きさせない話し方のコツとは?

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術