身振り手振りを使った会話術|上手な会話は見た目も重要

スポンサードリンク

身振り手振りを使った会話術|上手な会話は見た目も重要

身振りや手ぶりなど会話の「見た目」を上手に使えば、あなたの話に強力な説得力を持たせることが出来ます。
意識して使っている人は少ないので、身に付ければ周りと大きな差を付けられます。

 

たとえば、選挙演説を思いだして下さい。
直立不動で話す候補者はほとんどいません。
みんな身振り手振りを加えて話していますね。

 

スポンサードリンク

 

いわゆる議員の方は話に説得力を持たせるプロです。
弁士とも呼ばれるくらいですから、どうすれば聞き手に伝わるかを日々研究しています。
そんなプロの話し手が活用している身振り手振りですから、効果は折り紙つきです。

 

かの有名なヒトラーも、身振りと手振りを多用し、熱のこもった演説で民衆を釘づけにしました。

 

またメラビアンの法則では、話を聞いた人が、話し手のどこを重視するかという割合が、
「内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%」
と言われています。
驚くことに見た目が50%以上の割合です。

 

会話は話す内容よりも、見た目が重要になってきます。
ですから当然、言いたいことに身振り手振りなどの「見た目」を加えれば、聞き手に強く気持ちを伝えることができます。
さらに身体を動かしながら話すと、緊張がほぐれ、言葉がスラスラ出てきやすくなります。
会話もスポーツ同様、フィジカルも大切だと言えるでしょう。

 

 

具体的なテクニックを以下に紹介します。

 

スポンサードリンク

 

1.強い肯定の手振り、否定の手振り

手のひらを開いたまま、垂直に親指があなたの顔に向くように縦に何度か振り下ろすと、肯定になります。
手の形は握手を求めるような形ですね。
逆に相手に手のひらを向けて左右に振るのは否定の手振りになります。

 

 

2.疑問の手振り

話を聞きながら、手をまゆや鼻の下に添わせると本当にそうか?という疑惑の手振りになります。

 

 

3.信頼の手振り

話しを聞きながら、手を口の前で祈るような手振りをすると相手を信頼している手振りになります。
エヴァンゲリオンの碇ゲンドウのようなポーズです。

 

 

4.笑顔

笑顔は相手への信頼と好意を表せます。
聞き手を惹きこむためには、笑顔がとても有効です。

 

 

このような身振り手振りなど、「会話の見た目」を意識するだけで、あなたの言動が力強くなります。
とはいえ、普段使い慣れていない筋肉を動かしながら話すのは疲れるでしょう。
ためしに笑顔をどれくらいキープできるか試してみてください。
表情筋を使っていないと、すぐにほっぺたがプルプルしてくると思います。

 

日頃の姿勢が会話にも大きく影響してくるのです。
身体を動かす習慣を身に付けましょう。
相手の話を集中して聞き続ける持久力、表情を明るく保つ筋力、身振り手振りの迫力。
すべて身に付けるには、体力を養うことが大切です。

 

スポンサードリンク


身振り手振りを使った会話術|上手な会話は見た目も重要関連ページ

話す順番
興味をそそる話し方
相手に飽きさせない
面白いアングル
ニッチな話題
ポジティブな感情は表に出す
ネガティブな感情は我慢すべし
褒める 気付く
相手の話を覚えておく
感謝と心配を伝える
数字を使う
会話に必要な3つもの
合言葉は「か・い・わ」
人に合った言葉を使う
信頼される話し方
接続詞を上手に使う
目線を使う
オウム返しすべき状況
あいさつ+一言
話しかけやすい人になる
話しづらい人と仲良くなる
人との距離を詰めるのが上手い人
質問されたとき「はい」「いいで」だけで終わってませんか?話し上手になりましょう
ねぎらいの言葉をかければ、お互いに優しい気持ちになれる
例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ
名前を呼ぶだけで好かれる
ストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ
「ポジティブ言い換え」を是非マスターしよう
会話が盛り上がるシーン別マジックフレーズ
上手な断り方を身につけよう|誘いや提案をスマートにかわす方法
気遣いの言葉の掛け方|男性女性問わず、ビジネスでも使えるコツ
ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方
相手のいいところを探すように話せば、会話上手になれる
相手の口調やしぐさを真似るミラーリングで仲良くなる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術