オウム返し+αで簡単に会話上手|聞き上手になるために

スポンサードリンク

オウム返し+αで簡単に会話上手|会話のコツ

オウム返しはとても簡単で効果が高いのでオススメのテクニックです。
オウム返しをすることによって、「話をきちんと聞いていますよ」と相手に伝えることが出来ます。
安心した話し手は、さらに次の話をスムーズに続けてくれます。

 

オウム返しは相手の言葉を繰り返します。
相手「桜が綺麗ですね」
あなた「綺麗ですね」
これがオウム返しです。

 

同じ理屈で、「今日はありがとうございました」と言われた場合。
「どういたしまして」より「こちらこそありがとうございました」とオウム返ししたほうが相手は喜ぶはずです。

 

これだけでも効果がありますが、さらに発展形をとして、「オウム返し質問」も覚えておいてください。

 

相手「昨日は飲み会ですごく疲れたよ」
あなた「疲れたって何かあったの?」

 

相手「あそこのお店すごくおいしいんだってよ!」
あなた「おいしいの?それって誰からの情報?」

 

 

スポンサードリンク

 

こんな具合で、相手の話した内容の一部をオウム返して、さらに質問を入れるテクニックですね。

 

質問をそのまま返すのも有効です。
相手「休日は何してたの?」
あなた「一日中家で寝てましたね。あなたは何してたの?」
質問した相手は、実はその話を自分がしたい場合がとても多いです。
思い当たる節ありませんか?

 

こういったオウム返しを活用すれば、会話をもっと広げていくことができます。

 

 

さらに慣れてきたら、気持ちを込めた感情のオウム返しが出来るように練習しましょう。
気持ちを込めれば話し手に好意が伝わり、相手はあなたに話してよかったと思う事でしょう。
辛い話には辛そうに、嬉しい話には嬉しそうにオウム返しが出来ればベスト。
とくに女性は、自分の感情を受けとめてくれる人に、安心感や好意を抱くものです。
そこから恋愛関係に発展することもあるでしょう。

 

 

オウム返しはやろうと思えば今からでもできる簡単なテクニックです。
とはいえ、あまりにも単調にオウム返しばかりしていると
「この人本当に話聞いてるのかな?」「馬鹿にしてるのかな?」と思われる危険があります。
単調に使いすぎないよう、感情を込めるのを忘れないようにしましょう。

 

スポンサードリンク


オウム返し+αで簡単に会話上手|聞き上手になるために関連ページ

実は聞き上手の方が人気者って知ってた?
聞き上手になれる意外なほど簡単なたった1つのコツ
聞く力
質問上手
相槌の打ち方
最強の相槌「○○なんでしょうね」を使えば、あなたも簡単に聞き上手になれる
会話の横取りは嫌われる
聞き上手の禁句
上手な相談の乗り方
反論しない
あてずっぽう質問
聞き上手になる練習方法|プラスマイナスを意識しよう
「会社をやめたい」と言われたらどうする?聞き上手になるために
沈黙が怖い?沈黙は相手を信頼関係を築くチャンスです
「質問攻めにするくらいなら何も言わない方がいい」それが聞き上手の会話術
聞き上手は「相手が口にしたキーワードから、したい話を引き出す」
ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう
聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ
「何か特別なことしてるんですか」と聞けば、相手は気持ちよく話せる
聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ
「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める
聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る
聞き上手が使う「つまらない話」を楽しくする裏技
相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる
上手なグチの聞き方
相手を気持ち良くさせる魔法の言葉「そもそも」
リアクションのコツを覚えれば、簡単に聞き上手になれる
相手の趣味を少し勉強するだけで、聞き上手になれる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術