接続詞マスターになれば会話マスターになれる|会話のコツ

スポンサードリンク

接続詞マスターになれば会話マスターになれる|会話のコツ

話にメリハリをつけるためには、二つのポイントがあります。
まず、一つ目のポイントは「一文の長さを短くすること」です。

 

「昨日レストランに食事に行って、そこでビールを飲んだんですが、そこのウェイトレスにおかわりをお願いしたところ、もうその辺にしておいたほうがいいと言われて、わたしは全然酔っぱらっていなかったんですが〜」

 

というような話し方をする人がいますが、文はなるべく短く「。」で区切ってしまったほうが分かりやすいです。
削っても意味が通る単語は削ってしまうのもおすすめ。

 

スポンサードリンク

 

「昨日レストランでビールを何杯か飲んでたんですよ。そこでウエイトレスにおかわりをお願いしたらこう言うんです。お客様、もうその辺にしておいたほうが、って。私は全然酔ってなかったんですよ。」
こういった言い回しの方が相手に伝わります。

 

そして二つ目のポイントは「接続詞を積極的に使う」というものです。
接続詞を意識して使っている人は少ないです。

 

文章は細かくして、文と文は接続詞でくっつける。
「しかし」「そして」「ところが」と言った接続詞を日ごろから使い慣れておくとよいでしょう。

 

いきなりやれと言われてもなかなか難しいことなので、
この言い回しは上手だなと思ったときなど、メモをとったりして、自分でも使えるようにするとパッと適切な言葉が出てきます。
日々の積み重ねは大切です。

 

スポンサードリンク


接続詞マスターになれば会話マスターになれる|会話のコツ関連ページ

話す順番
興味をそそる話し方
相手に飽きさせないコツ
面白いアングル
身振り手振りを活用しよう
ニッチな話題
ポジティブな感情は表に出す
ネガティブな感情は我慢すべし
褒める 気付く
相手の話を覚えておく
感謝と心配を伝える
数字を使う
会話に必要な3つもの
合言葉は「か・い・わ」
人に合った言葉を使う
信頼される話し方
目線を使う
オウム返しすべき状況
あいさつ+一言
話しかけやすい人になる
話しづらい人と仲良くなる
人との距離を詰めるのが上手い人
質問されたとき「はい」「いいで」だけで終わってませんか?話し上手になりましょう
ねぎらいの言葉をかければ、お互いに優しい気持ちになれる
例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ
名前を呼ぶだけで好かれる
ストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ
「ポジティブ言い換え」を是非マスターしよう
会話が盛り上がるシーン別マジックフレーズ
上手な断り方を身につけよう|誘いや提案をスマートにかわす方法
気遣いの言葉の掛け方|男性女性問わず、ビジネスでも使えるコツ
ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方
相手のいいところを探すように話せば、会話上手になれる
相手の口調やしぐさを真似るミラーリングで仲良くなる
人から信頼される話し方とは
つい聞きたくなる!飽きさせない話し方のコツとは?

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術