笑いを取りやすいネタと話題とは?|笑いを取る方法

スポンサードリンク

笑いを取りやすいネタと話題とは?|笑いを取る方法

笑いを上手に取るためには話題とネタにも気を付けなくてはいけません。
相手を笑わすために一番必要なのは、「相手の共感」です。
全く共感されない自慢話が全く笑いを取れないこと、そして共感されやすい家族の話題がお笑い番組でしきりに話されていることからも分かると思います。

 

 

笑いを取ることは、相手の理解と共感を得ることがスタートです。
これは絶対原則なので忘れないようにしましょう。

 

では、共感を得られやすい、言いかえれば笑いを取りやすい話題やネタを具体的に見ていきましょう。

 

情けない話

自慢話はまったくウケません。
つまり逆を言えば自分の情けない話は笑いを取りやすいです。
人は誰しも恥ずかしい思いをしたことがありますので、共感を得やすい話題になります。

 

 

スポンサードリンク

 

話し手としては自分の情けない話をするのは恥ずかしいかもしれませんが、笑いが取れる上、相手との距離が縮まるというおまけの効果がありますので、積極的に話すべきでしょう。
同じように自分が抱えているコンプレックスを話すのも有効です。
この人はこんなことを私に話してくれるのか、と聞き手も嬉しくなるでしょう。

 

とは言えあまりにもシリアスで深刻な話題には気を付けてください。
自虐も行き過ぎると引かれてしまいます。
笑いに出来る程度の情けない話、コンプレックスを話しましょう。

 

例え話

例えることで、相手の頭の中に映像が浮かびます。
その例えが鮮明に画像になるようにすればするほど、相手は共感し、笑ってくれます。
決して面白い例えをしろという訳ではありません。
狙わなくても相手の頭の中で面白い画像が浮かべば勝手に笑ってくれます。
日頃から例え話レパートリーを鍛えておきましょう。
相手がイメージしやすい生活の周りにあるもので例えるとなお効果的です。
日頃から意識しておくと、ホームラン級の面白い例えが見つかったりします。

 

この2つは特に笑いを取りやすい、おすすめの話題です。
笑い取りたいなら、是非積極的に使ってみてください。

 

スポンサードリンク

 



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術