相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物|雑談のコツ

スポンサードリンク

相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物|雑談のコツ

雑談をしている中で、相手の趣味もしくは得意分野が分かれば、ひとまず安心です。
趣味や特技は、相手が話したくて仕方ない分野なので、そこを話のタネにすれば雑談は勝手に盛り上がっていきます。

 

「何か趣味はありますか?」とストレートに質問しても良いですし、「休日の過ごし方は?」とか「熱中されていることはありますか?」など相手の趣味を出来るだけ聞き出すようにしましょう。

 

例えばカメラが好きな人には、
「どんなカメラを使っているんですか?」
「どんなものを撮るんですか?」

 

ランニングが好きな人には、
「一カ月でどれくらい走るんですか?」
「大会に出場されたりするんですか?」
「走っているとき苦しくないんですか?何を考えながら走るんですか?」

 

スポンサードリンク

 

など、質問はなんでもいいんですが、できればなるべく自分が聞きたいことを聞くのが良いでしょう。
全然興味がないことは、雰囲気に出てしまいます。
全く興味無さげに質問すると、気分を害してしまうかもしれません。

 

特におすすめな質問は、
「私みたいな初心者でも出来ますか?」です。
人は同じ趣味の仲間が欲しいものですから、色々と教えてくれること請け合いです。

 

相手が中々趣味の話をしてくれない場合は、自分の趣味の話をしてしまうのも効果的です。
自己開示は相手との距離が縮まりますし、あなたの趣味のどれかに喰いつく可能性もあります。

 

「実は麻雀が好きで」と話せば、
「麻雀ですか。実は興味があって覚えたいんですよ」と、今は趣味でなくても、興味があるという場合もあります。

 

日頃から色々と体験することを習慣にしておくと、相手から趣味の話が出てきたときに、
「実は私も1回だけやったことがあるんですが・・・」とより具体的に話を広げられます。
機会があったら面倒くさがらずに、やってみるのもいいですね。

 

スポンサードリンク


相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物|雑談のコツ関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくる取って置きの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談では相手にしゃべらせるのが楽だし効果的
会話が続かないなら・・・あいさつの次の一言をルール化しよう
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術