雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法

スポンサードリンク

雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法

雑談力を磨くために日頃からできるトレーニングがあります。
簡単なトレーニングから少しずつレベルアップしていきましょう。

 

まずは、「知らない人と簡単に話す」トレーニングです。
エレベーターのドアの入り口に立って「何階ですか?」と聞くところから始めましょう。
最初は緊張で、声が小さく低くなりがちなので、高め大き目の声を意識しましょう。

 

他にもお店のお会計のときに、一言添えるのもいいトレーニングです。
会計でお釣りを受け取るときに、「ありがとうございます」や「ごちそうさまでした」と添えてみましょう。
そこから徐々に、「素晴らしい接客ですね」や「アジフライが最高でした。ファンになっちゃいましたよ」といった具合に相手を喜ばせるような一言が出てくるように練習してみてください。

 

スポンサードリンク

 

ここまでのトレーニングでも、人と話すことがかなり楽になります。
さらに上を目指すなら、場数を増やしましょう。
慣れていない場で雑談をする機会を作ります。

 

初めて行くバーや美容室で、雑談をする。
タクシーの運転手と雑談をする。
思い切ってパーティに参加してみる。といった具合です。
自分の力試しと、実力アップが同時に出来るおすすめのトレーニングです。

 

負荷をかければかけるほど、話す力は向上します。
会社の朝礼で話す機会があるなら、笑いを取ってみる。
結婚式でスピーチを頼まれたら、積極的に引き受ける。
などなど話す機会を積極的に活用してみてください。

 

何事もいきなりできることはありません。
全ては日常の延長です。
話す力も日々の積み重ねが全てです。

 

スポンサードリンク


雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくる取って置きの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談では相手にしゃべらせるのが楽だし効果的
会話が続かないなら・・・あいさつの次の一言をルール化しよう
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術