聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る

スポンサードリンク

聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る

「前向きな質問」で相手に好印象を与える方法をご紹介します。
会話しているときに、自分が詳しくない話が出てくる場合があります。

 

このとき一番やってはいけないのは「知ったかぶり」です。
知ったかぶりは話していれば、ほとんどの場合相手に伝わります。
その結果どうなるか。
「あ、この人いい加減な人だな」と思われてしまいます。
分からないことは質問すればいいのです。

 

スポンサードリンク

 

ここでする質問のコツが、「前向きな質問」です。
ただ「コンプライアンスって何ですか?」でも合格点ですが、無知な印象を与えてしまう場合があるので、
「コンプライアンスって何でしょうか。コンサルタントのようなものですか」とか、なんでもいいので自分の解釈を加えて、前向きに質問します。
そうすることで、相手に「理解しようとしている姿勢」が伝わります。
また
「コンプライアンスって何でしょうか。美味しいんですか」
「てんぷらみたいなものですか?」
とボケてみるのもアリです。

 

他にも、相手の話を自分なりにまとめてみるのも効果的です。
「例えるなら、○○のようなものですか」
などと、置き換えることができれば、「面白い人だな」と思ってもらえたりします。

 

分からないことは質問する。そして質問は前向きに。
それを意識するようにすると質問上手になれます。

 

スポンサードリンク


聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る関連ページ

実は聞き上手の方が人気者って知ってた?
聞き上手になれる意外なほど簡単なたった1つのコツ
聞く力
質問上手
相槌の打ち方
最強の相槌「○○なんでしょうね」を使えば、あなたも簡単に聞き上手になれる
会話の横取りは嫌われる
オウム返し
聞き上手の禁句
上手な相談の乗り方
反論しない
あてずっぽう質問
聞き上手になる練習方法|プラスマイナスを意識しよう
「会社をやめたい」と言われたらどうする?聞き上手になるために
沈黙が怖い?沈黙は相手を信頼関係を築くチャンスです
「質問攻めにするくらいなら何も言わない方がいい」それが聞き上手の会話術
聞き上手は「相手が口にしたキーワードから、したい話を引き出す」
ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう
聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ
「何か特別なことしてるんですか」と聞けば、相手は気持ちよく話せる
聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ
「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める
聞き上手が使う「つまらない話」を楽しくする裏技
相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる
上手なグチの聞き方
相手を気持ち良くさせる魔法の言葉「そもそも」
リアクションのコツを覚えれば、簡単に聞き上手になれる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術