話の腰を折らない|男性にもてる話し方

スポンサードリンク

話の腰を折らない|男性にもてる話し方

男性の話を聞くときに、絶対に話の腰を折ってはいけません。
男性はプライドが高いので、自分の思うように話せないと特に気にします。
下手をするとしばらく会話をしてくれなくなる危険もあるので、男性の話は最後まで聞くのが無難です。

 

男性は仕事でも理論的な構成を好みます。
話も物事を筋道立てて話したがるので、女性が途中で話の腰を折ってしまうと台無しになってしまいます。
自分の話を台無しにされたと感じると、男はもう話す気が失せてしまいます。
男性を不機嫌にさせると、女性より性質が悪くなってしまいがちです。

 

スポンサードリンク

 

一番良くないのは結論の先取りをすることです。
「つまり○○ってことですよね」
話のオチや結論は、例え分かっていても黙っていてあげるべきです。
それが女性としての優しさです。

 

男性はプライドが高いので、女性に見透かされたと思うととてもくやしくなります。
同様に、「分かりやすく言えば○○ってことでしょ?」と相手の話をまとめてしまうのもプライドを傷つける話し方なので避けるべきです。
暗に「あなたの話は分かりにくい」と言っているようなものですから。

 

男性の話を聞くときは優しい気持ち、ときには母親のような気持ちで接してあげるべきです。
しっかりしているようで、いつまでも子供っぽいところが残っている男性が実は結構多いです。
包み込むような優しさで男性の話を聞ける女性は、やはりモテます。
「はいはい」と思いながらも、聞いてあげるのが男性にモテる会話には必要です。

 

スポンサードリンク



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術