雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる

スポンサードリンク

雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる

雑談には様々なメリットがあります。

 

・お互いの警戒心や緊張感を解く
・意見が対立しない
・相手の人柄や興味を知ることができる
・自分の人柄を伝えることができる
などなど。

 

とにかく「人に会ったらまず雑談」ができれば会話はスムーズに流れます。
雑談は会話の準備運動です。
しっかり準備運動をして体をあたためておけば、スポーツでもケガを防ぎ、パフォーマンスを上げることができます。
会話でも同じです。

 

雑談のメリットはわかったけど、何を話せばいいかは、語呂合わせ
「きどにたてかけし衣食住」(「気候・道楽・ニュース・旅・テレビ・家庭・健康・仕事・着る物・食べ物・住まい」の頭文字をとったもの)
「適度に整理すべし」(テレビ・気候・道楽・ニュース・生活・田舎・旅行・スター・勉強・仕事の頭文字をとったもの)
を覚えておけばいいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

「でも天気って言ったって、『今日は良い天気ですね〜』ってそれで雑談になるの?」
と心配の方は「雑談の例文」をいくつか持っておけば、雑談がもっと簡単にできるようになります。

 

仕事の雑談例文

すでに相手を知っている場合は、
「相変わらずお忙しそうですね」「ご活躍のようで、なによりです」「今日はオフですか?」

 

初対面の相手の職業を知りたい場合は、
「お話がお上手ですね。もしかして営業をされていたのですか?」「お姿からして、クリエーター系のお仕事ですか?」
という具合に聞いてみましょう。

 

ダイレクトに会社名を聞くのはリスキーです。
会社名はふせたがる人も多いからです。
相手の反応がよければ、引き続き仕事の話題を掘りさげてもいいでしょう。

 

天気の雑談例文

「真夏みたいな暑さですね」「夜は一雨くるようですよ」「冬将軍が吹いてますね」「ゲリラ豪雨にはまいりますね」

 

さらに天気予報をチェックしておけば、「明日は今日よりも8度も気温が温かくなるようですよ」といった情報を提供できます。
正確なお天気情報は、誰にも喜ばれます。
「それなら明日のバーベキューは、たくさんビール持っていかないと」などと、話がふくらむことも多いです。

 

季節の雑談例文

行楽、食事に繋がる季節の話題は雑談の宝箱です。
「週末は桜が満開らしいですね」「今年は梅雨が長いですね」「昨日、スーパーで早くもスイカが売られていましたよ」「今日は花金ですね。今から夜が楽しみです」
という具合に、季節の話題は会話の導入にうってつけです。

 

健康の雑談例文

相手の健康を気遣うフレーズは万能です。
「お元気でしたか?」「お変わりなさそうですね」などですね。
他にも「インフルエンザが大流行らしいですね」「その後、腰の具合はよくなられましたか?」「マスクをされていますが、花粉症ですか?」などなど。
健康上の共通点が見つかれば、雑談は盛りあがります。

 

ニュースの雑談例文

新鮮なニュース情報は、人の興味を引くことができます。
たとえば、ワールドカップの時期になると「昨日の日本戦は燃えました!」と、日本中でタイムリーな会話がくり広げられます。
他にもオリンピックの時期は「日本金メダル取りましたね!」といった明るいニュースは、使えます。

 

ほかにも、「来週、iphoneの新作が発表されるみたいですね」「A社とB社が合併とは驚きましたね」「昨夜の夜の地震、驚きました」など、ニュースの話題は拾いやすいです。
相手の年齢、立場、人柄好みに合わせたニュースを選べば、さらに会話がふくらむでしょう。

 

芸能の雑談例文

芸能ネタは、直接面識のない人たちのことなので、無難でお互いに楽しめます。
「あの二人の電撃結婚はショックでした」「俳優の○○さん、病気を克服して復帰したようですよ」「今年の紅白の司会は○○で決まったみたいですね」
芸能ネタは好きな人は大好きなので、あまり生真面目になりすぎず、軽く話題にして活用しましょう。

 

食の雑談例文

「明日、駅前に有名ラーメン屋の支店がいよいよオープンですね」「あそこのパスタ屋さんいつも行列が出来てますね」「最近「俺の○○」って飲食店多くないですか?」
食のなかでも「お店」のネタは、とくにウケがいいものです。
「看板」「行列」「閉店セール」など、ちょっとした変化にアンテナを張り巡らせて歩けば、次々と雑談ネタが見つかります。  

 

こうした話題を仕込むには、
・季節に敏感になる
・カレンダーを良く見る
・新聞やニュース番組からネタを探す意識を持つ
・流行の人、物、場所などをチェックしておく
・通勤途中の風景や人を意識して観察する

 

など、身のまわりに関心を向ければ、自然に拾えるようになります。
また、相手の情報があればあるほど、雑談は広げやすくなります。
話題のレパートリーが豊富であればあるほど「話が続かなかったら、どうしよう……」という不安がやわらぐはずです。

 

スポンサードリンク


雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくる取って置きの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談では相手にしゃべらせるのが楽だし効果的
会話が続かないなら・・・あいさつの次の一言をルール化しよう
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術