人の真似をして笑わせる話し方とは?|笑いを取る方法

スポンサードリンク

人の真似をして笑わせる話し方とは?|笑いを取る方法

人のモノマネは笑いを取るのにとても有効です。
とはいえ、モノマネ芸人のように○○やりまーす、とやるのはハードルが高すぎる上に滑る可能性も高いです。
しかも完成度の高いモノマネを用意しなくてはいけないので、一般人には難しいでしょう。

 

そうではなく、ここでいう真似して笑わせるというのは、話の中の登場人物を演じ分けて話すということです。
話の中には様々な登場人物が出てくると思います。
それをモノマネするように演じ分けるのです。
なので決して完成度が高くなくても大丈夫です。

 

 

スポンサードリンク

 

なんとなく演じているだけでも話の臨場感が増します。
淡々と話すと「ん?今のセリフは誰のセリフだろう?」と聞き手がついていけなくなる可能性もあります。
多少の演じ分けをすると聞き手が話に入りやすくなり、笑いを取りやすくなります。

 

特に共通の知人を真似できると効果は絶大です。
似てなくても笑いは取れますが、似ているとさらに笑いが取れます。

 

日頃から相手の動きなどを観察するクセを付けるといいでしょう。
特に効果的なのが「口癖を覚えること」。
口癖だけで似てなくてもその人のことが聞き手の頭に浮かぶので、笑いの効果は絶大です。

 

スポンサードリンク

 



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術