スピーチを成功させる秘訣は「頑張らないこと」

スポンサードリンク

スピーチのコツは頑張らないこと!

スピーチを成功させたいなら頑張らないことです。
基本的にスピーチは面白くありません。
自分のスピーチが終わったら、「つまらなくて良かった」くらいでいいのです。

 

とはいえ、どうせスピーチするなら面白くしたいというのが人情です。
そのための方法をいくつかご紹介しますが、一番大切なのは頑張らないこと。
頑張って話すと、緊張が伝わり、聞いている方が疲れてしまいます。

 

そうなると折角面白いことを言っても、笑えません。
なのでスピーチしているときは、「スピーチはつまらないもの。皆面白いスピーチしてないし、自分もつまらなくてOK」くらいの気持ちでいた方が良い雰囲気で話せたりします。


スピーチを成功させる秘訣は「頑張らないこと」記事一覧

スピーチでは見たまま、感じたままをその場で話すと笑いが取れる

スピーチは形式ばった場で行います。なので、聞き手をリラックスさせることがとても大切。そのための有効な方法は「見たまま、感じたままを伝えること」形式ばった場でこそ、事実や自分の感情を伝えましょう。それだけで笑いが取れたりします。例えば、スピーチの場合、マイクを調整してくれるスタッフがいますが、全体的に...

≫続きを読む

実はスピーチは淡々と話した方が面白い

スピーチや人前で、見たもの感じたものをありのままを伝えると笑いが起こりやすいですが、どんな話し方をするといいでしょうか。おすすめなのは淡々と話すことです。いつもマイクが近すぎる場所に調整するスタッフがいた場合、「マイク近いですね!」って大げさに言うより、「ちょっとマイクが近いようですけども」と淡々と...

≫続きを読む

具体的なエピソードがあるスピーチはそれだけで面白い

具体的なエピソードを組み込められれば、それだけでスピーチは格段に面白くなります。結婚式のスピーチで、友人の良さを伝えるときに「優しい」「人望がある」とか言って終わりにしてしまう方がいますが、これってすごく勿体ないです。優しさを紹介したいなら、それに合った具体的なエピソードを必ず入れます。それだけで面...

≫続きを読む

失敗談や自虐ネタはスピーチでも効果的

スピーチでも失敗談や自虐ネタは鉄板です。スピーチの場合、自分でボケて自分でツッコめるので、使いやすくおすすめです。「自分の失敗+相手を持ち上げる」ことが基本です。間違っても相手を貶めてはいけません。たまに、新郎の浮気話や、ヤンチャだった話を披露してしまう人がいますが、これは最悪です。笑いどころか、会...

≫続きを読む

絶対失敗しない結婚式のスピーチのやり方

先日結婚式に参加したときに、スピーチでこんな入り方をした方がいました。「私も25年前に結婚式をやりました。25年経って思ったのが、あのとき誰がどんな話をしたのか、全然覚えてないんです。スピーチってそんなものじゃないでしょうか。ねぇ皆さんも早く乾杯やって、料理食べたいですよね?」会場は爆笑が起こりまし...

≫続きを読む


会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術