ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう

スポンサードリンク

ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう

ボキャブラリーが多いことも聞き上手の条件です。
「大変ですね」「かわいい♪」「なるほど」など使いやすい言葉ばかり使っているとリアクションが単調になってしまいます。
また、いつも同じ返しをしていると、話し手に不快感を与えかねません。

 

例えば「大変ですね」はとても使いやすいです。

 

相手「昨日課長に呼び出されてさ」
あなた「大変ですね」
相手「プロジェクトチームのリーダーに選ばれたんだ」
あなた「大変ですね」
相手「これからはしばらく残業が増えそうだよ」
あなた「大変ですね」
相手「・・・」

 

スポンサードリンク

 

このように色々なフリに「大変ですね」は対応できます。
しかしこんな風にいつも「大変ですね」で返していると、「こいつ人ちゃんと話を聞いているのか?」と思われてしまいます。

 

相手の感情にしっくりくる相槌をするためにも語彙力、ボキャブラリーは日々増やしましょう。
テレビで気になった言葉を覚えておくのもいいですし、本を読むのもおすすめです。

 

ボキャブラリーを増やすのにおすすめなのが「○○禁止トレーニング」です。
○○にはそのシーンでついつい使ってしまう表現を入れましょう。

 

例えばワインを飲むとき。「飲みやすい」禁止です。
「どう?そのワイン」と言われるとついつい「うん飲みやすいよ」って言いますよね。
でも「飲みやすい」を使わずに、ほかの表現を探すことで自分の中に眠ったボキャブラリーを叩き起こします。

 

何も「草原を駆け抜ける馬のような・・」とかソムリエみたいにやる必要はありません。
「すっぱい」とか「渋い」とか「甘い」とか「ベリーみたい」とかなんでもいいんです。
考えて表現するだけで語彙力は磨かれます。

 

他にもペットショップに行ったら「かわいい禁止」、レストランで「美味しい禁止」、夏に「暑い禁止」なんて面白いですね。
とにかく何かのシーンで「よし、ここでは○○は使わないぞ」とゲーム感覚で語彙を増やしてみてください。

 

スポンサードリンク


ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう関連ページ

実は聞き上手の方が人気者って知ってた?
聞き上手になれる意外なほど簡単なたった1つのコツ
聞く力
質問上手
相槌の打ち方
最強の相槌「○○なんでしょうね」を使えば、あなたも簡単に聞き上手になれる
会話の横取りは嫌われる
オウム返し
聞き上手の禁句
上手な相談の乗り方
反論しない
あてずっぽう質問
聞き上手になる練習方法|プラスマイナスを意識しよう
「会社をやめたい」と言われたらどうする?聞き上手になるために
沈黙が怖い?沈黙は相手を信頼関係を築くチャンスです
「質問攻めにするくらいなら何も言わない方がいい」それが聞き上手の会話術
聞き上手は「相手が口にしたキーワードから、したい話を引き出す」
聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ
「何か特別なことしてるんですか」と聞けば、相手は気持ちよく話せる
聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ
「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める
聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る
聞き上手が使う「つまらない話」を楽しくする裏技
相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる
上手なグチの聞き方
相手を気持ち良くさせる魔法の言葉「そもそも」
リアクションのコツを覚えれば、簡単に聞き上手になれる
相手の趣味を少し勉強するだけで、聞き上手になれる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術