自慢話に「自虐」を添えれば笑いが取れる

スポンサードリンク

自慢話に「自虐」を添えれば笑いが取れる

自慢話は聞き手を退屈させます。
なので、話さないに越したことはないのですが、話しても良い場合があります。
それは自慢話から最後自虐ネタに落とせる話です。

 

例えば、高層タワーマンションに住んでいる場合。
A「景色が良い50階建てのタワーマンションに住んでます」
B「良いところに住んでますね(自慢話か・・・)」

 

スポンサードリンク

 

ここで「まあね」って言って終わってしまうと、自慢話で終わってしまいます。
なので、ここで自虐ネタにします。

 

A「とはいっても2階なんですけどね」

 

タワーマンションで高層階を思い浮かべたところで、実際は2階。
そのギャップで笑いが取れます。
こうすれば嫌味になりません。

 

このネタを使うときは、できれば相手に質問してもらって使った方が得策です。
いきなり自分からタワーマンションに住んでいる話をしたら、嫌味な人と思われてしまう危険があります。
まずは、どこに住んでるの?と相手に聞きましょう。
「私は○○に住んでます」と答えた後、大体こちらにも聞き返してくれます。

 

自然な流れで笑いを取るために大事なテクニックです。
もし聞き返してこない場合、相手は何の興味もないということなので、その話は潔く諦めましょう。

 

スポンサードリンク



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術