聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ

スポンサードリンク

聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ

話を聞いている時のリアクションはとても大切です。
人の話に頷かない人がいますが、「話を聞いていない」と思われる危険があります。
人の話は頷きながら聞くのが原則です。

 

ただ頷くだけではなく、相手の目をソフトに見るようにしてください。
あくまでソフトに。
あまりにじっと見つめられると気持ちが悪いので、目に力を入れず、優しく見つめてください。
目を見るのが苦手なら、眉間もしくは首元でも構いません。
それだけで話し手は「話を聞いてもらえている」と安心するものです。

 

スポンサードリンク

 

そして頷くタイミングは相手のペースに合わせます。
話すペースが速い人には、小刻みに。
間が多い人なら、大きく頷きます。
力強く話しているときは、頷きも強くといったメリハリが大切です。

 

頷きとあいづちもセットにしてバリエーションを持っておくとさらにいいですね。
・「ああー(小刻みに頷く)」=深い共感
・「へぇ〜!(目を見開く)」=驚きを表す
・「ええ(冷静に頷く)」=理解を表す
など、話の内容によって自分なりのあいづちを工夫してみてください。

 

スポンサードリンク


聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ関連ページ

実は聞き上手の方が人気者って知ってた?
聞き上手になれる意外なほど簡単なたった1つのコツ
聞く力
質問上手
相槌の打ち方
最強の相槌「○○なんでしょうね」を使えば、あなたも簡単に聞き上手になれる
会話の横取りは嫌われる
オウム返し
聞き上手の禁句
上手な相談の乗り方
反論しない
あてずっぽう質問
聞き上手になる練習方法|プラスマイナスを意識しよう
「会社をやめたい」と言われたらどうする?聞き上手になるために
沈黙が怖い?沈黙は相手を信頼関係を築くチャンスです
「質問攻めにするくらいなら何も言わない方がいい」それが聞き上手の会話術
聞き上手は「相手が口にしたキーワードから、したい話を引き出す」
ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう
「何か特別なことしてるんですか」と聞けば、相手は気持ちよく話せる
聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ
「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める
聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る
聞き上手が使う「つまらない話」を楽しくする裏技
相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる
上手なグチの聞き方
相手を気持ち良くさせる魔法の言葉「そもそも」
リアクションのコツを覚えれば、簡単に聞き上手になれる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術