聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ

スポンサードリンク

聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ

聞き上手になるためには、質問のテクニックも覚えておくべきです。
質問のコツが分かると、誰と話しても大丈夫になります。

 

例えば、とにかく質問して沈黙が訪れないようにする人がいますが、話し手にも聞き手にも良いことがありません。
意図なく雑談を広げると意味のない無駄話になってしまいます。
間を埋めるだけの質問を繰り返されると、まるで尋問されているように気分になります。
しかも聞き手も興味のないことを聞いているので、まるで話が盛り上がりません。

 

最終的には質問が思い浮かばなくなったところで、会話は止まります。

 

スポンサードリンク

 

例えば、こんな会話例です。
A「GWはどこか出掛けましたか?」
B「家族とバーベキューをしました」
A「バーベキューいいですね!どこに行かれたんですか?」
B「近くにバーベキューができる公園があるんですよ」
A「公園ですか。何人でバーベキューしたんですか?」
B「友人家族もまじえて10人です」
A「楽しかったでしょうねぇ」
B「はい」

 

どうでしょうか。
会話になっているので悪くはありません。
しかし少し物足りないと言えます。
例えば、この会話、Aさんの質問は「Bさんがどんな人でも通用してしまう質問」です
Bさんのための質問ではないのです。
特別感がありません。

 

人は自分を特別視、認めてくれる人に好意を持ちやすいです。
なので質問もその人となりに焦点を当てると、一味違った質問が浮かんできます。
例えば、Bさんが仕事バリバリ人間だと分かっていた場合。

 

A「GWはどこか出掛けましたか?」
B「家族とバーベキューをしました」
A「ご家族とですか。Bさんはバリバリと仕事をしていると伺ったので、ちょっと意外でした。ご家族との時間を大切にされているんですね」
B「はい。平日は夜遅くなってしまうので。せめて休日は子どもと過ごすようにしてるんですよ」

 

このように仕事バリバリのBさんに焦点を当てると、Bさんの人となりが分かるような会話になります。
先ほどの会話では、近くの公園で10人でバーベキューをしたという情報しか入ってきませんでしたが、Bさんが家族を大切にしていて子供もいるということが分かりました。
また会話をするときに、「そう言えばお子さんはそろそろ小学生でしたか?」など聞くことができれば、「覚えていてくれていたんだ」となります。
もちろんBさんが大のバーベキュー好きだったら、違った質問になってきます。
その人に焦点を当てて、知りたいと思うことを質問するように工夫しましょう。

 

スポンサードリンク


聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ関連ページ

実は聞き上手の方が人気者って知ってた?
聞き上手になれる意外なほど簡単なたった1つのコツ
聞く力
質問上手
相槌の打ち方
最強の相槌「○○なんでしょうね」を使えば、あなたも簡単に聞き上手になれる
会話の横取りは嫌われる
オウム返し
聞き上手の禁句
反論しない
あてずっぽう質問
聞き上手になる練習方法|プラスマイナスを意識しよう
「会社をやめたい」と言われたらどうする?聞き上手になるために
沈黙が怖い?沈黙は相手を信頼関係を築くチャンスです
「質問攻めにするくらいなら何も言わない方がいい」それが聞き上手の会話術
聞き上手は「相手が口にしたキーワードから、したい話を引き出す」
ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう
聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ
「何か特別なことしてるんですか」と聞けば、相手は気持ちよく話せる
「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める
聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る
聞き上手が使う「つまらない話」を楽しくする裏技
相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる
上手なグチの聞き方
相手を気持ち良くさせる魔法の言葉「そもそも」
リアクションのコツを覚えれば、簡単に聞き上手になれる
相手の趣味を少し勉強するだけで、聞き上手になれる
上手な相談の乗り方
上手な恋愛相談の乗り方と聞き方【男性向け】
彼女からの相談の上手な乗り方
友達からの相談の上手な乗り方

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術