実はスピーチは淡々と話した方が面白い

スポンサードリンク

実はスピーチは淡々と話した方が面白い

スピーチや人前で、見たもの感じたものをありのままを伝えると笑いが起こりやすいですが、どんな話し方をするといいでしょうか。
おすすめなのは淡々と話すことです。

 

いつもマイクが近すぎる場所に調整するスタッフがいた場合、「マイク近いですね!」って大げさに言うより、
「ちょっとマイクが近いようですけども」と淡々と言った方が笑いが起こりやすいです。

 

目の前で起こった事実は淡々と言う方が、聞き手の感情に近いからです。
聞き手も淡々と頭の中で「マイク近いな」と思っているので、それに近い言い方の方が笑いが取れます。
逆に「マイク近いですね!」と自分だけが気が付いたような言い方をしてしまうと、しらけてしまう場合があるので要注意。

 

スポンサードリンク

 

実際にとても面白いスピーチする方は大体淡々としゃべっています。
逆に張り切ってスピーチしている人は上手くいかない場合が多いです。
スピーチの基本ですので、是非覚えておいてください。

 

既に場が盛り上がっているときに淡々と話して空気を崩してしまう場合がありますが、それはプライベートな場の話。
フォーマルな場では、ありのままのことを淡々と言うのが鉄則です。

 

スポンサードリンク



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術