飲み会や合コンが盛り上がるゲーム

飲み会や合コンが盛り上がるゲーム

簡単だけど効果が期待できるゲーム

飲み会を盛り上げるためのゲームは色々とあり、いずれも知っておいて損はありません。どちらかと言えば合コンでよく使われているのが第一印象ゲームで、これはお題に合っている人を指定する多数決ゲームです。合コンなら「交際人数が最も多い人」といった恋愛系のお題が指定されることが多く、参加者の中でお題に合っている人を決めるだけです。非常に簡単で道具も必要ないにも関わらず、その後の会話が弾むので、飲み会を盛り上げるためには欠かせません。普通の飲み会なら恋愛ネタを嫌う人がいるかもしれませんが、その場合は恋愛ネタ禁止で対応できます。恋愛ネタ以外にも「お酒が強そうな人」などお題は無数に作り出せるので、非常に役立つゲームです。とりあえず結果が出揃ったらそのままお題についてのトークをしてもいいですし、盛り上げるために最も多く指名された人に罰ゲームをしてもうらのも効果的です。上司など目上の人がいるならやりづらいという欠点はあるものの、第一印象ゲームは最初の方でやると大いに盛り上がります。

 

スポンサードリンク

 

禁煙の流れが進行しつつあるものの、まだまだ飲み会では煙草を吸う人も珍しくはありません。そのため、飲み会で誰ひとりとしてライターを持っていないなんてケースは少ないはずです。この、すぐに用意できるライターを使ったゲームが、ライターで火を付けるだけのライター付けゲームです。ルールは極めてシンプルで、1人ずつ順番にライターに火を付けるのですが、チャンスは1回しかありません。普段からライターを使わない人は若干不利ですが、使い慣れている人であっても割とよく失敗するので、意外な結果が生まれる場合も多くあります。チャンスが1回だけというプレッシャーから手元が狂いやすく、シンプルだけど盛り上がるゲームです。このゲームをやるなら罰ゲームをありにした方が盛り上がりやすく、ライターがあるならぜひ試しておきたいところです。

 

10円玉を参加者の数だけ用意すれば楽しめるのが10円玉ゲームで、こちらは飲み会や合コンでの定番と言ってもよいでしょう。まずはお題を決めるのですが、YESかNOのように必ず2択で答えられるお題でないといけません。合コンでは「参加者の中に好みの相手がいる」みたいなお題がよく使われますが、YESなら10円玉の表を出す、NOなら10円玉の裏を出すみたいに表と裏についても決めます。そして、おしぼりの下のように外から見えないところに10円玉を表、あるいは裏にしてセットし、誰が置いたか分からないように10円玉を動かしてから結果を確認するゲームです。意見が一致しても、1人だけ10円玉の向きが異なっていても盛り上がるのですが、一方でお題決めがやや難しい一面もあります。特に、2択のうちどちらかがネガティブな答えの場合、そちらが多く出ると盛り上がるどころか逆効果になるので、10円玉ゲームをやるならお題決めが何より重要です。具体例を挙げると「今日の飲み会が楽しい人」みたいなお題の場合、大半が楽しいと答えればいいのですが、逆に楽しくないが多いと間違いなく雰囲気が悪化します。「付き合う場合に重視するのは顔」みたいに、仮にNOの答えが多く出ても雰囲気が悪くならない質問をあらかじめ用意しておくのが効果的です。

 

スポンサードリンク

 

定番だからこそ盛り上げられる

定番すぎて逆にあまり使われないかもしれませんが、山手線ゲームもなかなか盛り上がります。手拍子に合わせてお題に沿ったものを挙げていき、答えられなかったりお題に沿っていなかったり前に出たものを言ったりしたら負けです。一応、全ての答えが出揃えばそれで終わりなのですが、実際にお酒が入っている状況で全ての答えが出ることなんてまずありません。馴染み深い47都道府県ですら半分も出れば大健闘といった感じなので、高確率で10個も答えは出ないはずです。手拍子に乗せてリズムよく答えを言うので、全員の一体感が得られるのも盛り上がる要因です。

 

山手線ゲームと同じように合コンではあまりにも定番なのが王様ゲームで、最近は気軽に楽しめるように王様ゲームのアプリもあります。何だかんだで盛り上がるのは間違いないので、男性と女性の数が同じくらいで合コン寄りな飲み会の場合には積極的に試したいゲームです。くじなどで王様とそれ以外を決めて、王様が命令をするというのが基本的なルールですが、こちらはゲームを始めてからすぐに盛り上がるタイプではありません。最初は軽い命令から始まり、徐々に盛り上がってくるタイプのゲームなので、最初の方で過激な命令が出ると逆に盛り下がりる恐れがあります。また、負けたらお酒を飲む系の命令はアルコールに弱い人にとっては非常に危険なので、メンバーによっては避けなければいけません。注意点も色々とありますが、盛り上がるゲームの代表格なので積極的に音頭を取りたいところです。飲み会は楽しい雰囲気なら自然と盛り上がるものですが、これらのゲームを使って場をより盛り上げるのもよいでしょう。

 

スポンサードリンク


会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術