雑談上手は、事前に情報を集めておく

スポンサードリンク

雑談上手は、事前に情報を集めておく

ローマは一日にしてならずといいますが、雑談上手も日々の研摩が必要です。
例えば話題を提供するにも、情報がないと何にも話せません。
相手に情報を提供できるように、日々情報を集めるようにしたいもの。

 

どんな情報ソースからネタを仕入れればいいでしょうか。
おすすめソースをご紹介します。

 

新聞

新聞でビジネス情報を集めるなら日経新聞、日経産業新聞がおすすめ。
最近は若い人だけでなく新聞を読まない人が増えています。
インターネットやテレビのニュースでしか情報を集めていない人も多いです。
体系化された情報を知ることが出来る新聞を読めば、周りと差をつけることができます。

 

スポンサードリンク

 

雑誌

雑誌でビジネス情報を集めるならプレジデント、日経ビジネスがいいでしょう。
週刊文春なども読んでおくと大衆的な情報も入ってきます。

 

テレビ

カンブリア宮殿、ガイアの夜明けはビジネス情報が集まります。
健康ネタは「ためしてガッテン」、生活情報は「王様のブランチ」などもいいですね。

 

これらに加えて、日ごろから読書する習慣を付けておけばいいでしょう。
読む本は自分の興味があるジャンルでOKです。
読みたくない本を無理やり読むほど苦痛な時間はありません。

 

日頃から情報を集めるには、スキマ時間を活用するようにします。
「毎日忙しいんだから、情報なんて集められない!」と言う方でも、駅まで歩く時間、電車を待つ時間、移動時間など探せば何もしていない時間があったりするものです。
スキマ時間という金脈を掘れば、想像以上のリターンが得られるものです。

 

スポンサードリンク


雑談上手は、事前に情報を集めておく関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくる取って置きの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談では相手にしゃべらせるのが楽だし効果的
会話が続かないなら・・・あいさつの次の一言をルール化しよう
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術