雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方

スポンサードリンク

雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方

名刺

ビジネスで多いのが名刺交換ですね。
この名刺交換のシーンで自然と雑談を盛り上げられるポイントがあります。

 

しかも簡単に誰でも出来る方法です。
まず、貰った名刺をじっと見ます。
そして名刺を見たまま、こう切り出してみてください。

 

「珍しいお名前ですね。○○とお読みするんですか?」
「いえ、□□と読むんですよ」
「あ、そうなんですか!それは読めませんでした。」
「みんな○○って読んでしまうんですよ」
「ですよね。私も初めて見ました」
「東北に多い名字なんです」

 

スポンサードリンク

 

受け取った名刺の名前が少しでも読みにくそうだったら、このテクニックを使ってみてください。
相手の名前は、最高の雑談ネタになります。
自分の名前は生まれてから、ずっと身に付けているものですから、誰もが愛着を持っているもの。
そこを自然と刺激できるのが、この雑談テクニックです。

 

名刺を見ながら話ができるので、内向的な人も使いやすい雑談術です。
初対面の緊張もカバーできます。

 

そして名刺を受け取ったらもう一つしておくべきコツがあります。
それは裏面を見ること、です。
実は名刺の裏面には、ホットな話題が印刷されていることがままあります。
趣味や特技などが書かれている場合も。

 

しかもほとんどの人が裏面を見ないので、周りとの差をつけることができます。
裏面に気になることが書いていたら、是非それを雑談のネタにしてみてください。

 

「名刺から雑談のネタを見つけてやろう」
そんな風に名刺を見るようにすると、スムーズな雑談が出来るようになります。

 

新聞

会社の昼休みなんかで使えるのが新聞です。
新聞を使えば無理なく周りの人と雑談ができます。
やり方は、新聞記事へ一言コメントするのです。

 

一人で新聞を読みながら、隣の人に聞こえるくらいの声の大きさで、独り言のようにつぶやきます。
「へぇ、女優の○○が結婚するんだ・・・」(目線を隣の人に向ける)
「え、そうなんですか」
「見てくださいよこの記事。お相手は一般人ですって」(新聞を見せる)
「あ、本当ですね。」

 

新聞は雑談ネタがぎっしり詰まってますので是非活用してください。
パソコン上でインターネットのニュースを見ていると、仕事をしているように見えます。
そこからつぶやくより、新聞を読んでいる姿からつぶやいた方が、雑談をしようという意志が周りに伝わりやすいので、雑談用の小道具としては、パソコンより新聞の方が有能です。
休憩時間に一言二言雑談をすると、職場の風通しが良くなります。
是非、こまめに声掛けをしてみてください。

 

スポンサードリンク


雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくる取って置きの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談では相手にしゃべらせるのが楽だし効果的
会話が続かないなら・・・あいさつの次の一言をルール化しよう
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術