スピーチでは見たまま、感じたままをその場で話すと笑いが取れる

スポンサードリンク

スピーチでは見たまま、感じたままをその場で話すと笑いが取れる

スピーチは形式ばった場で行います。
なので、聞き手をリラックスさせることがとても大切。

 

そのための有効な方法は「見たまま、感じたままを伝えること」
形式ばった場でこそ、事実や自分の感情を伝えましょう。
それだけで笑いが取れたりします。

 

例えば、スピーチの場合、マイクを調整してくれるスタッフがいますが、全体的にマイクが近い場合。
「あ、ちょっとマイク近いですね」って言うだけで笑いが起こったりします。
あの人のマイク調整いつもちょっと近いなっていうのは、なんとなく皆無意識に気が付いています。
そこをありのまま指摘すると、聞き手は安心して笑うのです。

 

スポンサードリンク

 

他にも会場で泣きやまない子供がいたら
「つまらない話で子供まで泣かせてしまい申し訳ありませんが〜」

 

せきが止まらない人がいたら
「一部せきが止まらない方もいらっしゃるようですが〜」

 

新婦のお父さんが渋い顔をしていたら
「先ほどから新婦のお父様が渋い顔をなさっていて、僕は心配で食事がのどを通らないんですが、大丈夫でしょうか」

 

社長が冒頭のあいさつをするときにつまづいていたら
「社長ほどの方でも緊張されているほど、この場は〜」などなど。

 

そんなことを言うと失礼にあたるのでは、と思うかもしれませんが笑いが起これば場が盛り上がりますし、使われた側も悪い気はしないものです。

 

スポンサードリンク



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術