目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく

スポンサードリンク

目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく

話が苦手な人の特徴として、話が伝わらないことが挙げられます。
話が伝わらない原因は「なぜその話をするのか。その目的を決めてない」からです。
ゴールが分からないので、聞き手も訳が分からなくるんです。

 

「この話はこの結論が言いたい」
「このオチで笑わせたい」
という明確な目的持って話すようにしましょう。

 

この目的は自分が話す場合でも必要ですし、相手に質問する場合にも必要です。
「相手のプライベートな趣味を聞こう」
「家族構成を聞こう」
と明確な目的を持って質問すれば、話が広がっていきます。

 

明確な目的もなく、ただ沈黙を恐れて質問してしまうと、お互いに疲れる結果になります。
A「休日は何しているんですか?」
B「毎週草野球してますね」
A「チームは何人ですか?」
B「20人くらいですね」
A「何時間くらい練習するんですか?」
B「2時間くらいですね(興味ないでしょ・・・?)」

 

スポンサードリンク

 

こういう単発の情報を聞きだす質問は、詰問されているようで答えている側も楽しくありません。
本当に相手のプライベートを知りたいと思って聞けば、質問も変わってきます。
A「休日は何をしているんですか?」
B「毎週草野球してますね」
A「へぇ草野球!健康的ですね!始めるきっかけがあったんですか?」
B「実は私の家族全員が野球好きで。妻と子供と野球観戦をたまに行くんですよ」
A「家族共通の趣味なんて素敵ですね。羨ましい。ひいきのチームもあるんですか?」
B「私が巨人ファンで、妻が阪神ファンなんで、実は大変なんです(笑)」

 

目的を見失わず、興味を失わない様に話せば、話し手にそれが伝わります。
この会話例では、質問の焦点が全て相手のプライベートに関係していて、ブレていません。
話が徐々に広がっていく感があるので、雑談も自然と盛り上がるでしょう。

 

スポンサードリンク


目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくる取って置きの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談では相手にしゃべらせるのが楽だし効果的
会話が続かないなら・・・あいさつの次の一言をルール化しよう
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術