会話上手は質問上手|聞く力

スポンサードリンク

会話上手は質問上手|聞く力

聞き手は話を聞くという性質上、話の間に質問をはさむことになります。
この質問の仕方にも、聞き上手とそうでない人を分けるコツがありますので覚えておきましょう。

 

まず質問には2種類のものがあることを知ってください。

 

 

まず会話を一瞬で終わらせてしまう質問が「はい」「いいえ」の二択で終わってしまう質問です。
「元気ですか?」「おいしいですか?」「好きですか?」という質問には「はい」か「いいえ」で終わってしまうので、会話が続きにくいという性質があります。
これをクローズド・クエスチョン、閉じられた質問と呼びます。

 

 

それよりもむしろ積極的に使いたい質問は、4W1Hを聞く質問です。

 

 

「いつ?」「どこで?」「だれが?」「なにを?」「どうやった?」
を聞けば相手は「はい」「いいえ」では答えられませんので、どうしても話をすることになります。
これをオープン・クエスチョン、開いた質問と呼びます。

 

スポンサードリンク

 

実はこれが質問の仕方のコツで、上手な聞き手は後者の4W1Hを聞く質問をはさむんですね。

 

 

相手「実は先週熱海に行きましてね」という話について。
「楽しかったですか?」「晴れてましたか?」とクローズドクエスチョンで聞くより
「誰と行ったんですか?」「熱海ではどこか観光しましたか?」などオープンクエスチョンで話を広げてあげるとよいでしょう。

 

 

また、クローズドとオープンを組み合わせるのも有効です。
王道なのがクローズドで入り、オープンで広げる方法。

 

「甘いものは好きですか?」(クローズドクエスチョン)
「はい」
「最近おすすめのスイーツはありますか?」(オープンクエスチョン)
「新宿にある○○ってお店のケーキが美味しかったですね」

 

最初にクローズドクエスチョンで、興味のありなしを聞いて、興味があるようならオープンクエスチョンで広げる質問方法です。
もし興味がなかったら、すぐ別の話題に切り替えられます。

 

他にも
・オープンクエスチョン→クローズドクエスチョン
・オープンクエスチョンを繰り返す
・クローズドクエスチョンを繰り返す
といったバリエーションもありますが、基本的にはクローズド→オープンがいいでしょう。
特にクローズドクエスチョンを繰り返すと、詰問されているな気になって相手を困らせてしまう危険があります。

 

スポンサードリンク


会話上手は質問上手|聞く力関連ページ

実は聞き上手の方が人気者って知ってた?
聞き上手になれる意外なほど簡単なたった1つのコツ
聞く力
相槌の打ち方
最強の相槌「○○なんでしょうね」を使えば、あなたも簡単に聞き上手になれる
会話の横取りは嫌われる
オウム返し
聞き上手の禁句
上手な相談の乗り方
反論しない
あてずっぽう質問
聞き上手になる練習方法|プラスマイナスを意識しよう
「会社をやめたい」と言われたらどうする?聞き上手になるために
沈黙が怖い?沈黙は相手を信頼関係を築くチャンスです
「質問攻めにするくらいなら何も言わない方がいい」それが聞き上手の会話術
聞き上手は「相手が口にしたキーワードから、したい話を引き出す」
ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう
聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ
「何か特別なことしてるんですか」と聞けば、相手は気持ちよく話せる
聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ
「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める
聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る
聞き上手が使う「つまらない話」を楽しくする裏技
相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる
上手なグチの聞き方
相手を気持ち良くさせる魔法の言葉「そもそも」
リアクションのコツを覚えれば、簡単に聞き上手になれる
相手の趣味を少し勉強するだけで、聞き上手になれる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術