見栄を張らなければ話しやすい人になれる|雑談のコツ

スポンサードリンク

見栄を張らなければ話しやすい人になれる|雑談のコツ

ついつい見栄を張ってしまう気持ちは分かりますが、雑談では逆効果を生むことが多いです。
相手に良く見られようと見栄張って、逆に身構えられてしまう。
皮肉な結果になってしまいます。

 

例えば、こんな会話例。
「趣味はなんですか?」
「(アニメ鑑賞って言ったら引かれるかも・・・)読書ですね」
「読書ですか!最近読んだオススメの本ってありますか?」
「(最近本読んでない・・・)えっと、最近は忙しくてあまり本が読めてないんですよ」
「あ、そうですか・・・(見栄張ったのかな?適当な人なのかも?それとも私と会話したくないのかな?)」

 

スポンサードリンク

 

無難に読書が趣味、と見栄を張ったけど深く聞かれてボロが出てしまったパターンです。
話しにくいだ人とレッテルを貼られてしまいました。

 

心理学で「返報性の法則」というものがあります。
これは相手がしてくれたことを、返したくなる法則です。
好意には好意を返したくなりますが、逆もまたしかり。
見栄を張って自分を良く見せようとする人には、相手も本当の自分を見せてくれません。

 

お互いに人となりを隠しながら、話す二人。
雑談が盛り上がるでしょうか。
リラックスした時間が流れるでしょうか。
答えはNOです。

 

この悪循環から逃れるためには、見栄を張るのをやめましょう。
等身大の自分でいるだけで、人と話すのが楽になるのを感じるはずです。

 

さっきの例なら、アニメが趣味だと言ってしまえばいいんです。
嘘をつかなければ、何を突っ込まれても平気。
むしろ相手が同じ趣味だったら、一気に盛りあがれます。
例えアニメに興味が無い人でも、本心を話せば「正直な人だ」という印象を与えることができます。
どっちに転んでもOK

 

気づかれしてしまうような立派な人より、素の自分を出せる「話すのがラクな人」の方が好まれます。
見栄は張らないように気を付けましょう。

 

スポンサードリンク


見栄を張らなければ話しやすい人になれる|雑談のコツ関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくる取って置きの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる
雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談では相手にしゃべらせるのが楽だし効果的
会話が続かないなら・・・あいさつの次の一言をルール化しよう
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術