相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる

スポンサードリンク

相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる

相手の話の中に数字が出てきたら、話を広げるチャンスです。

 

例えば、ランニング好きの人から
「先月は100キロ走ったんですよ」
と言われた場合、会話を広げるチャンスになります。
決して「へぇ、すごいですね」で終わらせてはいけません。
必ず100キロに反応するようにしてください。

 

スポンサードリンク

 

・毎日走って100キロ到達したのか?1日何キロ走ったのか?
・100キロ走ると、体にどんな変化が起きるのか?
・100キロ走破は大きな目標だったのか?
・ランニング歴どれくらいで月100キロ走れるようになるのか?

 

などなど、質問はなんでも構いません。
あなたが100キロと聞いて浮かんでくる質問をしてあげてください。

 

話し手があえて数字を口にした場合、そこには隠れた気持ちがあります。
聞き手であるあなたに、「驚いてほしい」「ほめてほしい」「笑ってほしい」など、なにかしらの反応を期待しているのです。
そもそも数字は覚えておくのがとても難しいものです。
その数字をあえて口に出すということは、そういうことです。

 

話し手の口から数字が出てきたら反応するようにするのが、聞き上手。
数字の裏には秘められた感情があります。
数字に反応するだけで、話し手を喜ばせることができます。

 

スポンサードリンク


相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる関連ページ

実は聞き上手の方が人気者って知ってた?
聞き上手になれる意外なほど簡単なたった1つのコツ
聞く力
質問上手
相槌の打ち方
最強の相槌「○○なんでしょうね」を使えば、あなたも簡単に聞き上手になれる
会話の横取りは嫌われる
オウム返し
聞き上手の禁句
上手な相談の乗り方
反論しない
あてずっぽう質問
聞き上手になる練習方法|プラスマイナスを意識しよう
「会社をやめたい」と言われたらどうする?聞き上手になるために
沈黙が怖い?沈黙は相手を信頼関係を築くチャンスです
「質問攻めにするくらいなら何も言わない方がいい」それが聞き上手の会話術
聞き上手は「相手が口にしたキーワードから、したい話を引き出す」
ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう
聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ
「何か特別なことしてるんですか」と聞けば、相手は気持ちよく話せる
聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ
「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める
聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る
聞き上手が使う「つまらない話」を楽しくする裏技
上手なグチの聞き方
相手を気持ち良くさせる魔法の言葉「そもそも」
リアクションのコツを覚えれば、簡単に聞き上手になれる
相手の趣味を少し勉強するだけで、聞き上手になれる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術