飲み会を盛り上げる3つのコツとは|飲み会の会話術

スポンサードリンク

飲み会を盛り上げる3つのコツとは|飲み会の会話術

会話を一番楽しめる場所は飲み会の場かもしれません。
いつもはおとなしいあの人が、明るくなったり、あの人本当はこんな人だったんだー(笑)ということがよくあるのも飲み会の醍醐味です。

 

まずは、嫌われタイプにならないように

飲み会で評価を上げるひとがいる一方で、幻滅されてしまう人もいることは覚えておきましょう。
飲み会の立ち振る舞いはとても重要なのです。

 

 

まず嫌われるタイプの人にならないようしましょう。
具体的にはグチ、悪口、絡みタイプです。
飲んで暗い話を延々と続ける、グチタイプ。
特定の人の悪口を言い続ける悪口タイプ。
そして、相手の迷惑を考えずにしつこく同じような話をする絡みタイプです。

 

 

思い当たる節がある人は気をつけましょう。
気を付けておくだけも、行動はかなり抑制されます。

 

スポンサードリンク

 

逆に好まれる人はどんなタイプでしょうか。
やはりまず何と言っても、面白い人は好かれます。
面白いとは言っても面白い話を連発する必要はありません。

 

 

実は饒舌で物知りな人、妙に明るくなる人、アツく涙もろくなる人、案外ひょうきんな人。
意外な面があり、それを周りが喜んでくれる人です。
言い換えれば、お笑い芸人のようなエンターテイナーになる必要はなく、周りに「興味深い」と思ってもらえれば十分面白い人認定されていると言っていいでしょう。
もちろん笑いを取れるなら、周りを湧かせるエンターテイナーになれれば言うことありません。
しかし、必ずしもエンターテイナーにならなくても、飲み会を盛り上げることは出来ます。
もっと具体的な盛り上げるコツをみていきましょう。

 

 

コツ1:明るく振る舞う

飲み会を盛り上げるコツは、
とにかく明るく振る舞うこと
これは鉄板です。
これは、笑顔と笑い声を出すことを意識すれば十分です。

 

 

不機嫌そうしてても、誰もあなたのことを見てくれません。
飲み会の強みは、馬鹿をやったってお酒のせいにできるところ。
はめをはずすことも大切です。

 

 

「そんなこと言ったって、面白くない飲み会で明るくなんて出来ないよ」
という声が聞こえてきそうですが、嘘でも明るいフリをしてください。
明るいフリは馬鹿に出来ません。
世界的ベストセラー、Dカーネギーの「道は開ける」でも

 

「幸せになりたいなら、フリでも良いから明るく振る舞おう」

 

と紹介されています。
明るいフリをしていると、不思議と気分も明るくなってきます。

 

スポンサードリンク

 

「まるで外科手術を受けたように、精神面に効果がある」

 

とも紹介されています。
数々の成功をおさめた有名人が言ってるんですから、一抹の真実があると思いませんか。
まずは、なるべく笑顔でいる努力からでも構いません。
それだけでも、ずいぶんと飲み会が楽しくなるはずです。

 

コツ2:正直な自分を自己開示しよう

人は誰も周りから認められ、良く思われたいものです。
この気持ちは「希望」を超えて「渇望」と言ってもいいでしょう。

 

この感情のまま話すとどうなるか。
自分の格好悪い部分は隠して、良い所だけをアピールするようになります。
趣味が「アニメ」であることは隠して、「読書」「スポーツ」が好きと言います。
恥ずかしい「失敗談」は話さず、成功した「自慢話」を話すようになります。

 

読書・スポーツ好きのリア充の自慢話と、アニオタの恥ずかしい失敗談、どちらが飲み会を盛り上げるでしょうか。
あなたはどっちの話を聞きたいですか。
おそらく、アニオタの恥ずかしい失敗談でしょう。

 

相手に好かれようとして、したい話をすればするほど、相手に煙たがられてしまう。
ヤマアラシのジレンマと言ってもいいかもしれません。

 

あなたが本当に好きなことを正直に自己開示しましょう。
失敗談もどんどん話しましょう。
人は自分が知らないことには恐怖や不安を覚えるものですが、あなたが「私はこういう人間なんです」と正直に話せば、それだけで安心してあなたに心を開くはずし、飲み会の場も盛り上がります。

 

失敗談や弱点は飲み会を盛り上げる強力な武器です。
弱みを見せて盛り上げる方法でも紹介していますが、自分に不利な情報はどんどん開示しちゃうことをおすすめします。

 

それだけで周りはあなたのことを貴重な愛すべきキャラと思ってくれます。

 

スポンサードリンク

 

コツ3:ポジティブな発言だけで固める

飲み会で嫌われるコツが「グチ、悪口、絡み」だと紹介しました。
逆に好かれて場を盛り上げるコツは「ポジティブな発言だけする」ことです。

 

ポジティブな感情はどんどん表現しなきゃ勿体ないよ
「ポジティブ言い換え」を是非マスターしよう
でもご紹介していますが、ネガティブな言葉は相手をげんなりさせて笑いをとることもありませんが、ポジティブな言葉は周りに元気を与えて笑いも取れたり場を盛り上げることができます。
ポジティブな感情や言葉は周りに伝染していきます。

 

それじゃ話したいこと話せないってこと?という言葉が聞こえてきそうですが、
ネガティブな言葉が出そうになったら、ポジティブな言葉に言い換えればいいんです。

 

どんな言葉も大体二面性があります。
「優柔不断」は言い換えれば「慎重」になりますし、
「わがまま」は「リーダーシップがある」に言い換えられます。

 

「お前は優柔不断だから、若い女にモテないんだよ」という人と「お前は慎重派だけど、年齢を重ねるほどそこを良いと分かってくれる女が増えてくるから」という人。
「お前はわがまま過ぎて、たまにうんざりするよ」という人と「お前はリーダーシップがあって、いつも刺激を受けるよ」という人。
どちらが人に好かれて、場を盛り上げられるか、言うまでもないでしょう。
どちらも前者は相手の気分を害して、周りの空気を冷やします。

 

パッとスマートにポジティブな言葉に言い換えられなくても良いんです。
なんとかがんばって捻りだした言葉が、思いがけず面白い言葉になって「そんな言い回し初めて聞いたわ!」って笑いが取れて盛り上がることもあります。
是非、ポジティブな表現を心掛けるようにしてみてください。

 

 

 

スポンサードリンク



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術