話すときはストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ|会話のコツ

スポンサードリンク

話すときはストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ|会話のコツ

あなたが話をするとき、是非「絶対ストーリーを入れよう」と意気込んでみてください。
それだけで見違えるほど、聞き手の反応が良くなります。

 

例えば、以下の話。
どちらのラーメンを食べたいと思いますか?

 

A「昨日、新宿で行列が出来るラーメン屋に行ってきました。30分並んでチャーシューメンを食べましたよ。価格は1,000円。分厚いチャーシューが5枚乗っててボリューミーでしたね。今度一緒にいかがですか。」

 

B「昨日、新宿で行列が出来るラーメン屋に行ってきました。30分並んでチャーシューメンを食べましたよ。チャーシューが好き過ぎて、自分の理想のチャーシューを作るために脱サラしたマスターのチャーシューは絶品でした。今度一緒にいかがですか。」

 

スポンサードリンク

 

おそらくBの方が行きたくなるのではないでしょうか。
Aの話は、30分並ぶとか価格が1,000円とかボリュームがあるとか、いわゆる情報を詰め込んでいます。
一方Bは情報を全て削る代わりに、ストーリーを一本入れています。

 

ストーリーがあると、聞き手の頭の中に絵が浮かびます。
そしてその絵を元に感情が動きます。
「チャーシュー好きが脱サラしてまで作ったチャーシューってどんな味なんだろう。」
「仕事辞めるほどチャーシュー好きなマスターってどんだけ(笑)」
などなど様々な感想が聞き手に浮かぶようになります。
それだけで、聞き手は退屈しなくなるのです。

 

みんな実はストーリーが大好きです。
なので例えば、こどもに教訓を教えるときには絵本を読んであげるのが効果的です。
「嘘はついたらダメ!」としつけるより、オオカミ少年を読んであげる。

 

結婚式なんかの友人代表スピーチでは、新郎新婦の人となりが分かるストーリーを一本入れるだけで話が締まります。

 

最近はストーリー形式のCMが増えてきましたと思いませんか?
みんな物語が大好きな証拠です。
是非話にストーリーを入れる工夫をしてみてください。

 

スポンサードリンク


話すときはストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ|会話のコツ関連ページ

話す順番
興味をそそる話し方
相手に飽きさせないコツ
面白いアングル
身振り手振りを活用しよう
ニッチな話題
ポジティブな感情は表に出す
ネガティブな感情は我慢すべし
褒める 気付く
相手の話を覚えておく
感謝と心配を伝える
数字を使う
会話に必要な3つもの
合言葉は「か・い・わ」
人に合った言葉を使う
信頼される話し方
接続詞を上手に使う
目線を使う
オウム返しすべき状況
あいさつ+一言
話しかけやすい人になる
話しづらい人と仲良くなる
人との距離を詰めるのが上手い人
質問されたとき「はい」「いいで」だけで終わってませんか?話し上手になりましょう
ねぎらいの言葉をかければ、お互いに優しい気持ちになれる
例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ
名前を呼ぶだけで好かれる
「ポジティブ言い換え」を是非マスターしよう
会話が盛り上がるシーン別マジックフレーズ
上手な断り方を身につけよう|誘いや提案をスマートにかわす方法
気遣いの言葉の掛け方|男性女性問わず、ビジネスでも使えるコツ
ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方
相手のいいところを探すように話せば、会話上手になれる
相手の口調やしぐさを真似るミラーリングで仲良くなる
人から信頼される話し方とは
つい聞きたくなる!飽きさせない話し方のコツとは?

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術