短いツッコミをビシッと入れるだけで笑いは取れる

スポンサードリンク

短いツッコミをビシッと入れるだけで笑いは取れる

実はツッコミは短い方が冴えます。
ボケに対してツッコミを素早く入れることで、笑いどころがわかります。
逆にボケを放っておいてしまうと笑いが起こりません。

 

誰かがボケたらツッコミを入れてあげる。
ボケを見捨てない愛情が、ツッコミの基本です。
ツッコミは厳しい人に見られる印象がありますが、実はツッコミは優しさでできています。

 

ツッコミは常識を返せばいいので、突拍子もないこと言う必要はありません。
「なんでやねん!」「違うだろ!」でも十分です。
よく上手く突っ込もうとして、ボケにボケで返してしまう人がいます。
例えばこんな会話です。

 

スポンサードリンク

 

A「お腹すいたな」
B「あ、魚の骨ならあるけど」(ボケ)
A「お!大好物なんだよね」(ボケ)

 

これはボケにボケで返しています。
ボケには常識でツッコミを入れる基本を忘れないでください。
この場合は特に笑いが取りやすいツッコミとして「例えツッコミ」は覚えておくといいでしょう。

 

A「お腹すいたな」
B「あ、魚の骨ならあるけど」(ボケ)
A「俺は猫か」(ツッコミ)

 

これが例えツッコミです。
猫といえば魚好きというのは一般常識として、皆イメージしやすいので笑いが起きます。

 

例えツッコミは日頃から使うように心掛けると、どんどんツッコミの反射神経が良くなっていきます。
さっきの会話例を使うと、
「紙ならたくさんあるよ」というボケには「俺はヤギか!」
「ドンペリとキャビアならあるよ」というボケには「俺はセレブか!」
こんな例えツッコミができるといいでしょう。

 

上手で短いツッコミは老若男女に喜ばれるので、積極的に使いましょう。
でも上司やお客さんにはそんな失礼なツッコミできないな、と言う方には敬語でツッコミを入れましょう。
「俺は○○か!」じゃなくて、「僕、○○みたいじゃないですか!」という敬語ツッコミもウケます。

 

ツッコミ上手を目指しましょう。

 

スポンサードリンク



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術