女性相手の上手な相談の乗り方とは?

スポンサードリンク

女性相手の上手な相談の乗り方とは?

女性から相談があったときはどんな相談の乗り方が理想でしょうか。
一番大事なことは「共感する」ことです。

 

色々とアドバイスしたくなる気持ちはグッと抑えてとにかく聞き役に回るのが、女性相手の上手な相談の乗り方。
悩んでいる女性は解決策を欲している訳ではなく、とにかく悩みを聞いてもらい、共感してほしいのです。
女性は相手に共感されることで気持ちが楽になります。

 

例え良かれと思っても
「悩みの原因はこれだから、ここを改善すればいい」
とか絶対に言ってはいけません。

 

スポンサードリンク

 

それで「そうか、そうすれば良かったのか!」と思う女性は少ないでしょう。
むしろ女性は「この人は私のこと分かってくれない」と思います。
私の感情を分かってくれない、と一度思われてしまった男性は挽回が難しくなります。
女性は感情をとても大切にしますから。

 

女性の相談に乗る時はとにかく相手がどう思っているのか、の感情に注目しましょう。
悲しいのか、怒っているのか、不安なのか。
その感情をすくいとって、共感の相槌を気持ちを込めて返してあげましょう。

 

といっても難しいことはありません。
女性が悲しいんだな、と思ったら
「それは悲しいね・・・」と悲しそうに言えば良いんです。

 

怒っているんだな、と思ったら
「それは腹立つね!」と怒っているように言えばいいんです。

 

コツは気持ちを込めること。
多少わざとらしくても構いません。
そのくらいの方が女性は共感されていると実感でき、この人に相談して良かったと喜んでくれます。

 

自分の意見は言わずに共感し続ける、というのが大原則ですが、「あなたはどう思う?」とアドバイスを求められる場合もあります。
その時は自分の意見を言って構いませんが、相手の感情に寄り添うことを忘れずに。
「それは不安だよね。」と女性の感情に寄り添う言葉を添えた上で、「自分だったらこうするかな」とソフトにアドバイスするのがいいでしょう。

スポンサードリンク

 



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術