ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方

スポンサードリンク

ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方

プライベートに限らず、仕事や打ち合わせで複数人相手に話す機会は意外と多いものです。
そんなときどんな話題を選べばいいのか、全員と平等に話すべきなのか迷うですよね。
こちらでは、そんな複数人と話すときのコツをご紹介します。

 

話題はみんなが分かるものを

複数人と雑談するときは、必ず全員が分かる話題を選ぶようにします。
ビジネスなら天気や、通勤経路など、無難な話題から入り、徐々に相手の会社の近況など話題に広げていくといいでしょう。
よくあるのは、相手の内一人を知っているけど、初めて会う人もいるケースです。
この場合も、知らない人に気を使って、知らないような話題は避けるのが無難です。
ただし、知っている人が、知らない人の上司にあたる場合は、知っている人だけ分かる話題を振ってもOKです。

 

スポンサードリンク

 

キーマンを中心に話す

例えば、Aさん、Bさんとあなたの三人で話す場合です。
Aさんが課長で、Bさんが部下だとします。
この場合、キーマンはAさんなのでAさんを中心に話題や目線を送りますが、Bさんにも気を配ります。
Aさんを中心に話しますが、Bさんにも目線を向けて話しましょう。
割合はAさんが7なら、Bさんは3くらいがちょうどいいですね。

 

 

話したい人と話したくない人がいる

さきほど、キーマンを中心に話題や目線を向けるといいましたが、現実はもう少し工夫が必要です。
キーマンが「話したくない人」の場合もあるからです。
Aさんが課長であまり話したくない人の場合、先ほどの7対3の割合を調整します。
話したくない人に話題を振ると、逆に場の空気が悪くなります。

 

具体的に話したい人と話したくない人の見分け方です。

 

話したい人

高圧的、威圧的な話し方をする人
腕を組んで話を聞いている人
よく笑い、ノリがいい人

 

話したくない人

おだやかな人
落ち着いている人
反応が弱い人
会話に乗ってこない人
目を合わせない人

 

このような見分け方が効果的です。

 

スポンサードリンク

ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方関連ページ

話す順番
興味をそそる話し方
相手に飽きさせない
面白いアングル
身振り手振りを活用しよう
ニッチな話題
ポジティブな感情は表に出す
ネガティブな感情は我慢すべし
褒める 気付く
相手の話を覚えておく
感謝と心配を伝える
数字を使う
会話に必要な3つもの
合言葉は「か・い・わ」
人に合った言葉を使う
信頼される話し方
接続詞を上手に使う
目線を使う
オウム返しすべき状況
あいさつ+一言
話しかけやすい人になる
話しづらい人と仲良くなる
人との距離を詰めるのが上手い人
質問されたとき「はい」「いいで」だけで終わってませんか?話し上手になりましょう
ねぎらいの言葉をかければ、お互いに優しい気持ちになれる
例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ
名前を呼ぶだけで好かれる
ストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ
「ポジティブ言い換え」を是非マスターしよう
会話が盛り上がるシーン別マジックフレーズ
上手な断り方を身につけよう|誘いや提案をスマートにかわす方法
気遣いの言葉の掛け方|男性女性問わず、ビジネスでも使えるコツ
相手のいいところを探すように話せば、会話上手になれる
相手の口調やしぐさを真似るミラーリングで仲良くなる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術