相手の興味を引く話し方のコツとテクニック

相手の興味を引く話し方のコツとテクニック

人気者は話し上手である場合が多い!?

あなたの周りで性別を問わずに人気のある人っていませんか?いつも話題の中心になっていたり、人が自然と集まっていたり…こういう人は、人の興味をひき、話しに相手を乗せる話し方のテクニックを持っています。話し上手であることは、仕事においても、プライベートにおいても、とても役立つスキルになります。話し方は意識次第で変えられるものですが、その多くが無意識であるため変えていくのも簡単ではありません。人の興味を引く話し方を知って、自分のスキルとして身につけたいものですね。

 

「有益性」と「意外性」を意識する

人はどんな話を面白いと思うでしょうか。
聞き手が話に興味が沸くかどうかはまずは「有益性があるかどうか」で決まります。
この話は自分に利益があると思ったら、人は興味を示さずにはいられません。

 

スポンサードリンク

 

なので、相手の興味を引きたい場合は相手の利益になる話をします。
利益と言っても、お金儲けの話をしろという訳ではありません。
子育てをしている人には便利な子育てグッズの話、野球好きな人には野球のトピックでも十分です。

 

そして有益性と同様に大事なポイントが「意外性があるかどうか」です。

 

会話が上手な人は人が聞いて、「ウソ!?」「ビックリ!」という部分をうまく見つけて、そこから話を始めます。
自転車が歩行者にぶつかって歩行者が怪我をした、では誰も驚きませんが、自転車が歩行者にぶつかって自転車に乗っている人だけが怪我をした、という話なら人は「え!?」と思います。
この「え!?」と思わせられる部分がある話には、聞き手は興味を示します。

 

意外性とは一般的な常識とかけ離れた部分のこと。
常識と反対の部分がないか、常にアンテナを張りましょう。

 

ただし、相手が一般的な常識だと分からない場合、意外性は伝わりません。
例えば、野球好きな人に予想外のドラフト指名があった話をすれば意外性が伝わって興味深い話になりますが、野球が分からない人にはチンプンカンプン。
予想外のドラフトが意外な話だと分からないので、興味を示しません。
相手の興味をひく「有益性」と「意外性」を常に意識して話しましょう。

 

喋るスピードと声のトーンに気をつける

人の興味を引くには、喋るスピードと声のトーンが重要です。喋り方にクセのある人、ボソボソと喋る人は、まず喋り方を矯正していきましょう。どんなに興味をそそられる話しをしていたとしても、キンキン声で喋られたり、やたらと早口で話されたりしたら、話の内容が耳に入って来ません。誰が聞いても聞きやすいスピードで、聞いていて心地よいと思える声のトーンで喋らなければなりません。一対一で話をするときは、その相手のトーンに合わせると良いですよ。早口気味の人と喋るなら少し早口を意識して、ゆっくりした口調の人と話すときはゆっくり喋るのを意識しましょう。大勢を相手に話すときは、ゆっくり大きな声で喋るようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

聞き手の興味を意識して話す

メリハリのある話し方をする人は、聞き手の興味をそそります。とりとめもなくダラダラ話すと、何が言いたいのかわからない上、話の焦点がぼやけてしまいます。まずは、聞き手の心を掴むワードで話を切り出していきましょう。相手が関心を持っていること、自分がアピールしたいことなどを魅力的な言葉で切り出して、相手の興味をそそりましょう。興味のない話を長々とされても、聞いている側は時間が長くなればなるほど飽きてしまいます。

 

相手の視線、表情と指先を見て話す

『目は口ほどに物を言う』という言葉がありますが、話しをする上で相手の視線と表情、指先を観察しながら話すのはとても大切です。興味を引かれているとき、人は話し手の目を見て聞いています。話している相手と目線が合わなくなったり、表情が曇ったり、指先が動き出したりすると、話しがつまらないというサインです。もし、このようなサインが見られたときは、相手に質問をするなどして相手と『会話』をするようにしましょう。一方的に自分の話しをするのではなく、相手と言葉のキャッチボールをするのです。

 

話の展開の仕方に一工夫!

会話の流れには『クライマックス話法』と『アンチ・クライマックス話法』の二種類があります。クライマックス話法は、オチを最後に持ってくる『起承転結』で話しをしていく方法です。話しにオチが出来るため、もったいぶって話したいとき、オチで盛り上げたいときに使うと良いでしょう。一方のアンチ・クライマックス話法は、オチを先に言ってその後になぜそうなったのか説明していきます。相手が話しを聞いてくれる姿勢ができているときは、クライマックス話法が有効です。相手に聞く姿勢ができていないときは、アンチ・クライマックス話法で興味を引くと良いでしょう。テレアポなどのセールスの場面では、このアンチ・クライマックス話法が多用されています。

 

話の内容を具体化してイメージを膨らませる

あなたが旅行に行って見た星空の感動を伝えたいとします。『この間長野に旅行に行ったんだけど、星がすごく綺麗だった』と伝えるのと『長野に行ったとき見た星空がすごかったの。真っ黒な夜空に星がいっぱい浮かんでて、流れ星も沢山!すごく綺麗だった』と伝えるの、どちらがより感動的に伝わるでしょう?同じことを伝えるにしても、より具体的に話すだけで聞いている側がその夜空をイメージすることが出来ます。伝えたいことがあるときは、相手がイメージしやすいように具体化して話すようにしましょう。この話をして相手に伝わるかな?と、喋る前にまず聞き手の気持ちに立ってみると良いですね。

 

普段の自分の話し方を分析しよう!

興味を引く話し方が出来ているか否かは、現状の自分がどのように話しているかを知らなければなりません。まずは、自分の話し方のクセを知って、改善点を探しましょう。話し方のテクニックを知ったからといって、すぐに話し上手になれるわけではありません。まずは意識し、改善点を探す、見つけた改善点を克服していく。これを繰り返すことで、相手の興味を引く話し方が出来るようになるのです。テレビで話し上手なタレントが喋っているところを研究する、周りにいる人気者の話し方を真似してみるのも、話し上手になるための近道です。先にも書きましたが、無意識で話している人が多いため、意識をする、意識を変えることが重要ですよ。一度習得したテクニックは、無意識に駆使することが出来るようになりますので、まずは習得するところから始めましょう。

 

スポンサードリンク


相手の興味を引く話し方のコツとテクニック関連ページ

話す順番
相手に飽きさせないコツ
面白いアングル
身振り手振りを活用しよう
ニッチな話題
ポジティブな感情は表に出す
ネガティブな感情は我慢すべし
褒める 気付く
相手の話を覚えておく
感謝と心配を伝える
数字を使う
会話に必要な3つもの
合言葉は「か・い・わ」
人に合った言葉を使う
信頼される話し方
接続詞を上手に使う
目線を使う
オウム返しすべき状況
あいさつ+一言
話しかけやすい人になる
話しづらい人と仲良くなる
人との距離を詰めるのが上手い人
質問されたとき「はい」「いいで」だけで終わってませんか?話し上手になりましょう
ねぎらいの言葉をかければ、お互いに優しい気持ちになれる
例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ
名前を呼ぶだけで好かれる
ストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ
「ポジティブ言い換え」を是非マスターしよう
会話が盛り上がるシーン別マジックフレーズ
上手な断り方を身につけよう|誘いや提案をスマートにかわす方法
気遣いの言葉の掛け方|男性女性問わず、ビジネスでも使えるコツ
ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方
相手のいいところを探すように話せば、会話上手になれる
相手の口調やしぐさを真似るミラーリングで仲良くなる
人から信頼される話し方とは
つい聞きたくなる!飽きさせない話し方のコツとは?
会議の場での話し方|発言が苦手な方必見

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術