「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める

スポンサードリンク

「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める

「なんで○○なんでしょうか」
こういう理由を聞く質問はしない方がいいでしょう。

 

例えばこんな会話例です。
A「新聞を読んで知ったんですが、また円高が進んでいるようですね」
B「ええ、ニュースでもやってましたね」
A「なんで今円高が進んでるんでしょうか?」
B「う〜ん、そうですね・・・。円は安定資産と見られているんでしょうかね」
A「なるほど・・・」

 

スポンサードリンク

 

なんで円高が進んでいるのか。
その理由を聞いたとたんに、話の流れが止まってしまいました。
理由を聞く質問は、このように会話の流れを止めてしまう危険があります。

 

「なぜそうなのか」を考えるのは、実は結構な負担になります。
知識があればいいでしょうが、答える知識がなければ困惑させてしまうのが、「なんで」の質問です。
答えることができなかった相手を申し訳ない気持ちにさせたり、尊厳を傷つけてしまう可能性もあります。

 

その分野に詳しいということが事前に分かっている場合は、こういった「なぜ」を聞くと嬉々として語ってくれることもありますが、そうでない雑談などのシーンでは聞かないようにしましょう。

 

スポンサードリンク


「なぜ」と理由を聞く質問は、話し手を追い詰める関連ページ

実は聞き上手の方が人気者って知ってた?
聞き上手になれる意外なほど簡単なたった1つのコツ
聞く力
質問上手
相槌の打ち方
最強の相槌「○○なんでしょうね」を使えば、あなたも簡単に聞き上手になれる
会話の横取りは嫌われる
オウム返し
聞き上手の禁句
上手な相談の乗り方
反論しない
あてずっぽう質問
聞き上手になる練習方法|プラスマイナスを意識しよう
「会社をやめたい」と言われたらどうする?聞き上手になるために
沈黙が怖い?沈黙は相手を信頼関係を築くチャンスです
「質問攻めにするくらいなら何も言わない方がいい」それが聞き上手の会話術
聞き上手は「相手が口にしたキーワードから、したい話を引き出す」
ボキャブラリーを増やすトレーニングで聞き上手になろう
聞き上手の三原則。優しく目をみて、頷きながら、あいづちを打つ
「何か特別なことしてるんですか」と聞けば、相手は気持ちよく話せる
聞き上手の質問は「万人受け」ではなく「あなただけ」がコツ
聞き上手は知らないことでも「前向きな質問」をして好印象を得る
聞き上手が使う「つまらない話」を楽しくする裏技
相手が口にする「数字」に反応すれば、聞き上手になれる
上手なグチの聞き方
相手を気持ち良くさせる魔法の言葉「そもそも」
リアクションのコツを覚えれば、簡単に聞き上手になれる

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術