明るい声を出した方が好感度は高くなる。雑談時の声の出し方

明るい声を出した方が好感度は高くなる。雑談時の声の出し方

雑談時はどれくらいの高さで話すべき?

高い声は話し手を社交的に感じさせる効果があります。
ですから、雑談などの場では少し高めの声を出すよう心掛けるのがおすすめです。

 

低い声は低い声で信頼されるというメリットがあります。
しかし、「とっつきにくい」「冷たい」「恐い」という印象を与えてしまうリスクもあります。
なので雑談の場などでは、デメリットがない明るめの声を意識しましょう。

 

ドレミファソラシドでいうと、「ファ」か「ソ」くらいの高さで話すといいですね。
もちろん自分の中の「ファ」「ソ」でOKです。
正しい音階でということではなく、明るめの声を出しましょうということなので。

 

ためしに「ファ」の音で声を出してみてください。
さあ、どうぞ。

 

スポンサードリンク

 

どうですか?
「こんな声は高すぎる!」と思いましたか?
しかし、聞き手に親しみやすさを与えるには、自分では高すぎると思うくらいでちょうどいいのです。
自分の声を録音して聞いたことがありますよね。
「え?私の声ってこんななの?ショック」って思ったかもしれません(私は思いました)

 

私達が認識している自分の声は頭蓋骨内を響いて聞こえる音です。
なので、録音して聞いた声にショックを受ける。

 

何が言いたいのかといいますと、
「さっき高すぎると感じた声はあなただけに聞こえる声で、相手には丁度いい高さになっている。」ということです。
嘘だと思ったら、嫌かもしれませんが、地声と「ファ」の声で同じ言葉を録音して聞いてみてください。
高い声の方にきっと好印象を持つと思います。

 

普通の方の地声は「ド〜ミ」なので、「ファ」にするだけで周りと差をつけることができます。
それでも声が低くなりがちな方はテンポ良く、早めに発声するようにするだけで、明るさが出てきます。
是非、高さとテンポに気を付けて話をしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

雑談時はどれくらいの声の大きさで話すべき?

次に雑談時の声の大きさ、ボリュームです。
実は「この声の大きさがベスト」という基準はありません。
しかし、大きい声で話した方が良いシチュエーションと、抑え目で話した方が良いシチュエーションがありますので覚えておいてください。

 

その前にまず前提ですが、人は「雑音」が大きく聞こえます。
聞きたくないのが雑音なので、普通よりもうるさく感じてしまいます。
実際よりも約50〜60%くらい大きく聞こえるように感じると言われています。

 

雑談においての「雑音」は相手に興味がない話、といえます。
相手に興味のない話を大きい声で話すと
「なんだかうるさい人だな・・・」と思われてしまいます。

 

すると結論は、
相手が興味を持つ話=大きい声で話す
相手が興味がない話=小さい声で話す
となります。

 

「いや、そんなこと言っても、相手が興味持ってるかどうか分からないし」
「相手の反応を見ながら声の大きさを変えるなんて面倒だし、難しいって」
と思いますよね。

 

その通りで、実際に相手の興味まで気を配って、ボリューム調整なんて不可能です。
なので、現実的なボリューム調整の仕方は
相手の事を話しているとき、相手の話へのリアクション=大きい声で話す
自分の事を話しているとき=小さい声で話す
これを心掛けてください。

 

人は誰もが自分の話を聞いてもらいたいものですし、自分に興味津津です。
逆に他人の話には鈍感になりがちです。
そこを利用した声の大きさの調節方法です。

 

大きさの目安ですが、大きい声が100だとすると、小さい声は50くらいがいいでしょう。

 

また、「大きい声を出してリアクション等することで、相手への興味を伝えられる」
「小さい声で自分の話をすることで、相手の興味と集中力を高められる」
という副次的な効果も期待できます。

 

慣れてくれば雑談のペースを作ることが出来るので、是非試してみてください。

 

スポンサードリンク



会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術