話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる

スポンサードリンク

話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる

起こった出来事を正確に伝えると、どうしても面白味に欠ける話になりがちです。
そんなときは、面白味を出すために、話を盛るといいでしょう。

 

例えば辛いカレーを食べたときの話をする場合、
「見た目が真っ赤のカレーで、食べてるうちに舌が痛くなりました。水を何杯もおかわりしちゃいました」
という話し方より
「見た目がマグマみたいに真っ赤っ赤なんです。一口食べるだけですごい激痛!一口食べる度に水、一口食べる度に水、修行してる感覚で完食してきました」
という話し方のほうが、聞き手もイメージが沸いて聞きやすくなります。

 

スポンサードリンク

 

「盛る」というのは事実を元に大げさな表現にすることです。

 

「昨日行った居酒屋にイケメン店員がいた」
→「昨日行った居酒屋に、キムタクみたいなイケメン店員がいた」

 

「大盛りラーメン屋に行った」
→「二度見するくらい大盛りのラーメン屋に行った」

 

「道で転んだおじさんを見た」
→「道でギャグ漫画みたいにキレイに転んだおじさんを見た」

 

と、相手が映像をイメージしやすい表現で盛るのがポイントです。

 

表現を面白く盛ると、「お、面白そうな話」と聞き手が喰いつきやすくなります。
盛れば盛るほど、盛り加減が上手くなって楽しくなってくるはずです。
日々の雑談の中でもちょいちょい盛るクセをつけましょう。

 

話を盛るときには注意点がいくつかあります。
まず1つめは、本当にあったことをベースに盛った話をするのがポイントです。
完全なフィクション(嘘)では、なんとなく伝わってしまうので、事実を元に盛るようにしましょう。

 

2つめは、自慢になるような盛り方は避けます。
雑談全般にもいえることですが、自慢話は相手にとって面白くない場合が多いからです。
自分の努力を盛るのもオススメできません。
恩着せがましくなる場合があるからです。
例えば有名なカステラを行列に並んで買ってお土産にする場合

 

「有名なカステラを並んで買ってきた」
→「有名なカステラで、暑い中2時間も並んで買ってきたよ」

 

と盛ると、人によっては恩着せがましく感じてしまうかもしれません。
よほど親しい間柄でなければ、このような盛り方は避けた方がいいでしょう。

 

スポンサードリンク


話を大げさに盛ると雑談は一気に面白くなる関連ページ

雑談はまずテンポを合わせよう。ミラーリングを使った会話術とは
雑談中に「俺も」「私も」は絶対に使っちゃダメ
雑談の例文を覚えるだけで、雑談が怖くなくなる
雑談上手は「はい」「いいえ」で答えられる質問をしない
「なぜ」「どうやって」を聞けば勝手に雑談は盛り上がる
自然と質問が浮かんでくる取って置きの「聞き方のコツ」
とにかく具体的な言葉を入れるだけで雑談は盛り上がる
雑談では自己開示しよう。相手もあなたに好印象を持つ
擬声語「オノマトペ」でリズム良く雑談を盛り上げよう
目的を決めて質問すれば、自然と雑談は広がっていく
雑談の話題選びには「タテ」「ヨコ」を意識する
「興味を引く話」が出来れば、雑談では笑いを取らなくてもOK
雑談上手は、事前に情報を集めておく
メモを取るだけで雑談上手になれる
雑談力を磨くためにおすすめのトレーニング方法
話しかけやすい人になれる、秘密のトレーニング方法
仲間意識をこっそり刺激すれば、雑談は盛り上がる
相手の得意分野か趣味が分かればこっちの物
相手が質問してきたら、「返事」と「一言」で話しかけやすい人になる
見栄を張らなければ話しやすい人になれる
雑談を盛り上げる、ちょっとした小道具の使い方
雑談では相手にしゃべらせるのが楽だし効果的
会話が続かないなら・・・あいさつの次の一言をルール化しよう
雑談で盛り上がっている人たちの輪への入り方
無口な人の雑談は、一言で十分な威力を発揮する
シーン別に雑談のコツを知っておけば、もう焦らない
反応が薄い人との会話術、この裏技で雑談が和やかになる
分かりやすい話し方、説明の仕方のコツ|階層化テクニック
相手によって話し方を変えよう|上手な話し手になるコツ

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術