スポンサードリンク

名前を呼ぶだけで好かれる|3倍好かれる会話のコツ

相手の名前を会話の中に入れるだけで、好感度が上がります。
名前はその人が生まれてから、ずっと側にあるものです。
なので、ほとんどの人が自分の名前に愛着を持っています。
そんな大切な名前を粗末に扱ってはいけません。
あなたも「お茶はいかがですか?」よりも「○○さん、お茶はいかがですか?」のほうが、相手に親しみを覚えるはずです。

 

実際に会話の中に相手の名前を織り交ぜてみてください。
その効果に驚くはずです。
役職がある人には、「係長」「課長」ではなく「山田係長」「田中課長」。
名刺交換する際にも「よろしくお願いします」ではなく「山田さん、よろしくお願いします」。

 

スポンサードリンク

 

既に親しい間柄でも、名前を呼ぶ効果は折り紙つきです。
ちゃんと友達や恋人の名前を呼んでいますか?
恥ずかしがって、お前やキミで呼んでませんか?
恥ずかしいかもしれませんが、名前を呼ばれて嬉しくない人はいません。
最近不仲かも、という間柄でも、名前を呼ぶだけでまた関係が修復するかもしれません。

 

「一度会話をしたら、3回は名前を呼ぶ」
これくらいの具体的な目標を持って、会話をしてみてください。
名前が持つ神秘のパワーを感じるはずです。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク