スポンサードリンク

雑談上手は、事前に情報を集めておく

このページの目次
  1. 新聞
  2. 雑誌
  3. テレビ

ローマは一日にしてならずといいますが、雑談上手も日々の研摩が必要です。
例えば話題を提供するにも、情報がないと何にも話せません。
相手に情報を提供できるように、日々情報を集めるようにしたいもの。

 

どんな情報ソースからネタを仕入れればいいでしょうか。
おすすめソースをご紹介します。

 

新聞

新聞でビジネス情報を集めるなら日経新聞、日経産業新聞がおすすめ。
最近は若い人だけでなく新聞を読まない人が増えています。
インターネットやテレビのニュースでしか情報を集めていない人も多いです。
体系化された情報を知ることが出来る新聞を読めば、周りと差をつけることができます。

 

スポンサードリンク

 

雑誌

雑誌でビジネス情報を集めるならプレジデント、日経ビジネスがいいでしょう。
週刊文春なども読んでおくと大衆的な情報も入ってきます。

 

テレビ

カンブリア宮殿、ガイアの夜明けはビジネス情報が集まります。
健康ネタは「ためしてガッテン」、生活情報は「王様のブランチ」などもいいですね。

 

これらに加えて、日ごろから読書する習慣を付けておけばいいでしょう。
読む本は自分の興味があるジャンルでOKです。
読みたくない本を無理やり読むほど苦痛な時間はありません。

 

日頃から情報を集めるには、スキマ時間を活用するようにします。
「毎日忙しいんだから、情報なんて集められない!」と言う方でも、駅まで歩く時間、電車を待つ時間、移動時間など探せば何もしていない時間があったりするものです。
スキマ時間という金脈を掘れば、想像以上のリターンが得られるものです。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク