笑いを取るコツ|笑わせる話し方と方法とは?

スポンサードリンク

笑いを取るコツ|笑わせる話し方と方法とは?

 

会話の中で笑いはとても大切なものです。
ユーモアを交えれば、会話はもっと楽しくなります。

 

とはいえ、どんな話をすれば笑いを取れるのか。
どんな話し方がユーモラスなのか。

 

笑いの取り方もロジックなので、笑わせ方を少し知っているだけで効果は抜群です。
話し方が良くなったと実感できたおすすめ本で紹介した中にもあるように、笑いの取り方に特化した書籍も最近は多く販売されています。

 

お笑い芸人でもない限り、わざわざ笑いを研究する人は多くありません。
せいぜいお笑い番組を見ているくらいでしょう。
なので1冊でも笑わせ方関連の本を読むことは、周りの人と大きく差を付けられるので、おすすめです。
努力の時間に対しての費用対効果が高いので、笑いの取り方は覚えておいて損はありません。

 

さて「笑いを取る」と聞くと「ボケなくてはいけない」と思う方も多いです。

 

でも、ボケには
ボケる → スベる
という大きなリスクがあります。

 

お笑い芸人ならまだしも一般人は滑り慣れていません。
一度でも滑ったことがある方は、顔から火が出るほど恥ずかしい思いをしたこととお察しします。
穴があったら入りたい状態ですよね。

 

スポンサードリンク

 

皆を笑わせて楽しませてあげようと思った優しいあなた。
そして残酷にもすべってしまったあなた。
「こんな思いをするならボケなければ良かった!もう二度とボケるものか!」
枕を濡らした夜もあるでしょう。

 

しかもあなたがスベったのを、これは自分が主人公になるチャンスとばかりに
「今滑ったでしょwww」「今なんて言ったの、もう一回www」
と笑いの手柄を横取りする心ない仕打ちを受ければ、もう二度とボケるものかと決心してしまうのも無理からぬことです。

 

でも会話の中で笑いをとるのは、必ずリスクを背負うボケをしなくてはいけない訳ではないんです。
オチのあるストーリーやスベったら恥ずかしいような話し方はお笑い芸人に任せておきましょう。

 

以下では誰でも簡単に出来る笑いを取るコツや話し方を紹介していきます。

 

まずは笑いを取る心構えから

笑いを取るテクニックも大切ですが、それと同じくらい大事なのが「心構え」です。
具体的には
「高いプライドは捨てる」
「みんなを笑わせることで、場が和やかにしたい」
このように、仏のような優しい心構えです。
最初はプライドが邪魔して難しいかもしれませんが、完璧にそう思う必要はりません。
一瞬でもこのように考えられるようになると笑いを取るときのスタンスが自然と変わってきます。
詳しくはこちら:話し方以上に大切なのは心構え

 

下ネタで笑いを取る

比較的簡単に笑いが取れるのが、そう下ネタです。
しかし正しい使い方を知らずに乱発すると単なる下品な人と思われてしまう危険があります。
NGな下ネタはありありと映像が想像できる、リアルすぎる下ネタです。
逆におすすめ下ネタは「あなたのドジな性体験」「あなたの少し変わった性癖」などです。
詳しくはこちら:下ネタで面白いと思わせる

 

スポンサードリンク

 

おおげさな言い回し

おおげさなことに例えて笑いを取るテクニックです。
「最近家計が厳しいみたいで、かみさんが小遣いくれないんだよ・・・」
と嘆く上司に
「財政が夕張市状態ですね」
といったイメージです。
聞き手に、「そんなオーバーな・・・」と思わせることで一笑いを狙います。
詳しくはこちら:おおげさな言い回しで笑わせる

 

勘違いで笑わせる

相手に分かりやすい勘違いをすることで、相手にツッコミを入れさせて笑いを取ります。
例えば彼女に「ちょっと棚の上のお皿取ってくれない?」と言われたら
「やっぱりお前は俺のカラダが目当てだったのか・・・」と返す具合です。
馬鹿な自分を演じましょう。
詳しくはこちら:勘違いで笑わせる

 

上手く例えて笑いを取る

滑りにくく安定して笑いが取れるのが「例え話」です。
例えば、情報を小出しにしてくる人がいたら
「そんなディアゴスティーニみたいに小出しにしないでくださいよ」
といった具合に何かに例えて返すと笑いが取れたりします。
詳しくはこちら:たとえ話で笑わせる

 

笑いを取りやすい話題と話し方

笑いを取りやすい話題は、聞き手が共感しやすい話題です。
「あなたの情けない話」なんかは特におすすめの話題ですので、積極的に使いましょう。
また笑いを取りやすい話し方は、聞き手の頭の中に映像が浮かぶような話し方です。
先ほども出てきましたが、効果的なのが「例え話」です。
詳しくはこちら:笑いを取りやすいネタと話題とは?

 

人の真似をする

レベルの高いモノマネは必要ありませんが、あなたの話の中に誰かのセリフが出てきたら、少しでも似せるように話してみてください。
淡々と話すと聞き手は飽きてしまいますし、誰のセリフだかわからなくなってしまいます。
詳しくはこちら:人の真似をして笑わせる話し方とは?

 

スポンサードリンク

 

ツッコミで笑いを取る

笑いを取るのに有効なのがツッコミです。
もう何度も出てきている「例え」ですが、これはツッコミでも有効です。
この「例えツッコミ」はたった一言で爆笑を取れる可能性があるので是非使ってみてください。
おせっかいしてくる友達に「お前は俺のかあちゃんか!」といった具体です。
詳しくはこちら:一言で笑いを取る人の話し方テクニック
短いツッコミをビシッと入れるだけで笑いは取れる

 

ノリツッコミを活用する

ノリツッコミは、やるのに少し勇気がいりますが、効果は絶大です。
A「この書類に山田係長のサインを貰ってきて」
B「え、サイン?山田係長って有名人なんですか!?」
A「そうそう、俺あの人の大ファンなんだよ。やっぱり色紙買ってきた方がいいかな〜って、なんでやねん!」
こんな具合で、相手のボケにしばらく付きあってから、ハッと我に返りツッコミます。
相手がボケてくれたら絶好の機会なので、勇気を出してノリツッコミをしてみてください。
詳しくはこちら:ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし

 

正しいボケ方を知っておく

正しいボケとは「聞き手の9割に通じる一般常識」を大きく外すことです。
この正しいボケ方を知っておかないと、狙ったボケはできません。
一般常識を知った上で外すことで、ツッコミやすい雰囲気が出来上がります。
この基本を外してしまうと、ボケたことすら気づかれない事態にもなりかねません。
詳しくはこちら:ボケのメカニズムを知ればいつでも笑いが取れるようになる

 

擬音語を積極的に使おう

擬音語は、話に臨場感をもたらし、聞き手に共感を与えます。
「ホカホカの肉まん」「ジュージューと焼き肉を焼いてたら・・・」とかいう具合ですね。
お笑いの宮川大輔さんは擬音語使いの達人です。
擬音語がたくさん入った話は、聞き手を飽きさせません。
詳しくはこちら:擬音語を使うとイメージが伝わるので、笑いを取りやすくなる

 

スポンサードリンク

 

ジェスチャーを付けて話す

擬音語といえば、宮川大輔さんですが、ジェスチャーといえば千原ジュニアさんが達人です。
千原さんは常に体を使って、話を面白く演出しています。
実際、メラビアンの法則によれば、話の評価は視覚情報が55%の割合をしめるといいます。
ジェスチャーで視覚情報を味方に付ければ、周りと大きな差を付けられますよ。
詳しくはこちら:ジェスチャーで話の臨場感を出して相手を笑わせる

 

笑いのためにメモを取る

仕事でメモを取るのは当たり前ですが、こと笑いのためにメモを取る人はほとんどいません。
なので、笑いのメモを取るだけで周りと差を付けることができます。
ネタ帳を作る必要はありません。
あなたが面白いと思ったこと、実際に笑ったことをメモすれば十分です。
詳しくはこちら:ジェスチャーで話の臨場感を出して相手を笑わせる

 

自慢で上げて、自虐で落とす

自慢話はしないに越したことはありませんが、オチに自虐を入れられるなら笑いのテクニックに使えます。
「わたし、50階建てのタワーマンションに住んでるんですよ」
「へぇ〜すごいですね(自慢話かな…?)」
「とは言っても2階なんですが…」
といった具合で、自慢との落差でオチを強めるテクニックです。
詳しくはこちら:自慢話に「自虐」を添えれば笑いが取れる

 

でも〜じゃないですか

上司や先輩の笑いを取りやすいテクニックが「でも〜じゃないですか」です。
上司や先輩が少しネガティヴなことを言ったときがチャンスです。
上司「最近疲れやすいうえに仕事がうまくいかなくてね」
には
部下「でも、課長奥さんきれいじゃないですか」
とか
部活「でも課長、夜は元気じゃないですか」
とかいった具合で話題をズラして肯定してあげます。
なんでその話がでるんだよ、という笑いを取ることができます。
詳しくはこちら:共感+「でも○○じゃないですか」で話がどこまでも続く

 

スポンサードリンク

 

笑いを取ったら一回休む

笑いを取ると気分が良くなって、畳み掛けるように話してしまわないようにしましょう。
せっかくの笑いを台無しにしてしまうことがあります。
笑いを取ったらあなたは一回休み。
他の人に華を持たせる、くらいの気持ちでいましょう。
詳しくはこちら:笑いが取れたら1回休み。

 

自己紹介で笑いを取る

自己紹介で笑いを取る王道のテクニックは、「他人からみたあなた」を把握してイジることです。
老けて見られがちなら、
「老けて見えると思いますが、本当にピチピチの22歳です」
と自己紹介すると、聞き手も(あの人老けてるなぁ)からの「良かった、やっぱり老けて見られてるんだ」という安心感から不思議と笑ってくれます。
詳しくはこちら:自己紹介のコツは「相手に見えている自分」を上手く使うこと

 

無難なオチの作り方2選

あなたが話終わったときに、聞き手からの「え、オチは?」と言わんばかりの気まずい感じになったことはありませんか。
無難なオチの作り方を2つ知っておけば、その心配もなくなります。
それは「自虐」もしくは「教訓」を最後にそっと添えること。
もうオチは?とは言わせません。
詳しくはこちら:誰でも簡単に出来る2つの「オチ」の付け方と作り方

 

いじり上手になる

様々ないじり方を知っておけば、自然と笑いが取れる返しが出来るようになります。
いじるといっても、いじめる訳ではありません。
下手にいじると相手の気分を害しますが、いじり上手はむしろ皆に「いじってほしい」と思わせることができます。
基本は笑顔でツッコミを入れることですが、いじり方をパターン化して覚えておきましょう。
また、上司や先輩などのいじり方を覚えておけば可愛がられること請け合いです。
詳しくはこちら:上手ないじり方10選|笑いが取れるいじり方をマスターしよう
上司や先輩のいじり方|可愛がられるいじり方

 

スポンサードリンク

 

いじられ上手になる

いじられ役は決してかっこよくはありません。
しかし、だからこそ誰もが安心して付き合える愛されキャラです。
TPOによってあえていじられキャラになることで、株を上げることだってできます。
「キャラでいじられる」「劣等感でいじられる」「ボケていじられる」などなど、
上手ないじられキャラになるためにはいくつかのテクニックがあるので是非覚えておきましょう。
詳しくはこちら:上手ないじられ方のコツ|いじられキャラになりたい人必見!

 

スベったときこそ笑いを取るチャンス

スベったときに笑いを取れるマジックフレーズをいくつか知っていると、スベるのが怖くなくなります。
例えば「今、スベりましたけども」
これだけでも、スベりを笑いに変えられます。
聞き手はスベったことを認めたあなたに安心して笑ってしまいます。
逆にNGなのは「今、笑うところです」
面白くないは分からない聞き手のせい、というような印象を与えてしまう危険があります。
詳しくはこちら:スベったときこそ笑いが取れるチャンス。ウケるマジックフレーズ

 

イラッとした話はストックしておく

イラッとする出来事があったら、それは笑い話になるチャンスです。
後日笑い話として話せるように、ストックしておきましょう。
ただしイラッとしたことを、そのまま怒りに任せて話さないように。
少し自虐的に、ポジティブに話すようにしましょう。
詳しくはこちら:イラっとした話をストックしておけば、笑いが取れる

 

テンション低めで笑いを取る

お笑い芸人でも淡々と話して笑いを取っている方が結構多いですね。
明るくハイテンションよりも、淡々と話して一言ピリッとスパイスが効いたことを言うとドッと笑いが取れます。
聞くことに力を入れ、無理にウケを狙わず、淡々と凝縮した一言を放つ。
笑いを取るために無理にテンションを上げると逆効果になりかねません。
詳しくはこちら:テンションが低い人の方が面白い話が出来る|喋らない人の笑わせ方

スポンサードリンク

 

話がつまらない人の特徴を覚えておく

笑いを取るためのテクニックが攻めの技術であれば、スベらないためのテクニックは守りの技術です。
なのでスベりやすい、または相手に退屈させやすい話し方を知っておきましょう。
具体的には、テンションが高すぎる、過度な毒舌や下ネタ、オヤジギャグやダジャレなどです。
こういった話を避けるだけでも、楽しい話し手になれます。
詳しくはこちら:「話がつまらない人の特徴」を知れば、スベり予防に役立つ

 

笑いを取れることのメリット

笑いを取るテクニックではありませんが、笑いが取れるメリットを知っておくと心持ちがポジティブになります。
例えばユーモアがある人は、モテますし、ビジネスでも成功しますし、リーダーとしても尊敬されます。
人間関係においてメリットだらけの笑いを是非マスターしてみてください。
詳しくはこちら:笑いやユーモアのセンスを磨くとメリットがいっぱい

 

笑いの万能薬「キンカンの法則」で笑わせる

「キンカンの法則」は天才落語家ともいわれた桂枝雀さんや明石家さんまさんも笑いの本質だと言っています。
すなわち「緊張」のキン、「緩和」のカン、「人は緊張が緩和された瞬間に笑う」という法則です。
緊張感を高めて緩和させるテクニックとして、「倒置法」「自虐」「予想を裏切る」「謎」「権威の失墜」などがあります。
やり方さえ覚えれば、色々と活用できる万能テクニックなので、是非使ってみてください。
詳しくはこちら:キンカンの法則を知れば、いつでもどこでも笑いが取れるようになる

 

ピクチャートークで笑わせる

ピクチャートークとは「相手の頭のなかに絵を描くように話す」ことです。
落語はもちろん、テレビ番組の「人志松本のすべらない話」などで披露されるお笑いタレントの話も、聞いていると映像がありありと浮かぶように工夫されています。
聞いている人が、頭の中のスクリーンに内容を映し出せるように話しましょう。
自分の頭の中に映像を映しながら、具体的に、例え話などもまじえてイメージしやすいように話せば、勝手に聞き手は面白い映像を浮かべて笑ってくれたりします。
詳しくはこちら:ピクチャートークで映像化すれば笑いが取れる

 

笑いを取るために勉強とトレーニングをする

勉強やスポーツと同じように、笑いも練習やトレーニングで上達します。
今からでも取り組める勉強法やトレーニング法としておすすめなのが、
「読書」「落語」「アンテナ張り」「メタ認知」などです。
笑いも一日にしてならずです。
日々のコツコツした積み重ねもとても重要です
詳しくはこちら:笑いを取るための「勉強法」と「トレーニング法」とは

 

 

スポンサードリンク

 


笑いを取るコツ|笑わせる話し方と方法とは?記事一覧

話し方以上に大切なのは心構え|笑いを取る方法

あなたの会話力をよりすばらしいものにするために是非見につけてほしいテクニックが「笑い」です。笑いが上手に使えればあなたは会話の中で輝くことができ、注目を集めることもできます。「でも人を笑わせるなんて難しい・・・」そう思ってますか?笑いもメカニズムがありますので、コツを覚えてしまえばどうということはあ...

≫続きを読む

下ネタで面白いと思わせるコツ|笑いを取る方法

人を簡単に笑わせられる強力なテクニックが「下ネタ」です。特に凝った話術も必要がなく、しかもショートギャグレベルの話し方で、十分にインパクトを与える事ができます。昔からオシャレな紳士は下ネタ上手とされていて、美しいお嬢さんの前でも、切れ味の鋭い下ネタを放って、一瞬で笑いをさらってしまいます。しかし下ネ...

≫続きを読む

おおげさな言い回しで笑わせる|笑いを取る方法

人の話を大げさな表現で例えて笑わせるテクニックがあります。「そんな例えはおおげさじゃない?」と思わせて笑わせるツッコミに近いテクニックです。「最近嫁さん家計が厳しいからって小遣いカットするんだよ」には「財政が夕張状態ですね」一言「A社との契約?B社の見積もり次第だね。A社だってうち以外にZ社と契約し...

≫続きを読む

勘違いで笑わせる|笑いを取る方法

口を開けば、非の打ちどころのない真面目な正論しか出ない人は面白味に欠けます。聞き手を身構えさせ、緊張させてしまいます。正論とは逆に、どうしようもない馬鹿な勘違いをしてみるという笑いテクニックがあります。相手を気持ちよく笑わせてあげることができるテクニックです。馬鹿な自分を演じて、相手は「まったくしょ...

≫続きを読む

たとえ話で笑わせる|笑いを取る方法

見たものをそのまま話さずに例え話というスパイスを効かせてみましょう。つまり、見たもの聞いたものを「何かに例える」と結構笑いが取れます。しかもそれが馬鹿げていればいるほど効果的です。あまり上手な例えでなくても、聞き手が頭の中で再生したイメージが面白かったら笑ってもらえますし、すべってもそんなにダメージ...

≫続きを読む

笑いを取りやすいネタと話題とは?|笑いを取る方法

笑いを上手に取るためには話題とネタにも気を付けなくてはいけません。相手を笑わすために一番必要なのは、「相手の共感」です。全く共感されない自慢話が全く笑いを取れないこと、そして共感されやすい家族の話題がお笑い番組でしきりに話されていることからも分かると思います。笑いを取ることは、相手の理解と共感を得る...

≫続きを読む

人の真似をして笑わせる話し方とは?|笑いを取る方法

人のモノマネは笑いを取るのにとても有効です。とはいえ、モノマネ芸人のように○○やりまーす、とやるのはハードルが高すぎる上に滑る可能性も高いです。しかも完成度の高いモノマネを用意しなくてはいけないので、一般人には難しいでしょう。そうではなく、ここでいう真似して笑わせるというのは、話の中の登場人物を演じ...

≫続きを読む

一言で笑わせる人のテクニック「例えツッコミ」

一言で笑いを取れる人っていますよね。ぴりっとスパイスが効いた一言を言えれば、それだけで笑いを取ることができます。一言で笑いを取るためには「例えツッコミ」がお手軽でおすすめです。ツッコミはおかしい話、ボケに対して行うものです。「なんでやねん!」とか「それおかしいでしょ!」が代表的なツッコミです。それだ...

≫続きを読む

ボケのメカニズムを知ればいつでも笑いが取れるようになる

漫才はボケとツッコミで成り立っています。ボケは面白いことを言って笑わせる人、ツッコミはボケの間違いを正す人です。ボケとツッコミの掛け合いで大きな笑いが起こるのですが、是非そのメカニズムを知っておきましょう。そうすればいついかなる時でも笑いをプロデュースすることができるようになります。まず、ボケとツッ...

≫続きを読む

短いツッコミをビシッと入れるだけで笑いは取れる

実はツッコミは短い方が冴えます。ボケに対してツッコミを素早く入れることで、笑いどころがわかります。逆にボケを放っておいてしまうと笑いが起こりません。誰かがボケたらツッコミを入れてあげる。ボケを見捨てない愛情が、ツッコミの基本です。ツッコミは厳しい人に見られる印象がありますが、実はツッコミは優しさでで...

≫続きを読む

ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし

普通のツッコミは、相手がボケたら即座にツッコミます。しかしノリツッコミの場合は、相手がボケたらそれに一旦乗っかった後に、ツッコミを入れるテクニックです。例えば、A「血液型、何型か教えて」B「うーん、小学校のときの検査ではA型やったけど、大人になってから調べたことないから、わからへん」A「そういえば、...

≫続きを読む

擬音語・擬態語「オノマトペ」を使うと笑いが取れる

オノマトペで状況描写の達人になろう擬音語・擬態語を使うと聞き手にイメージが伝わりやすくなります。この擬音語、擬態語は「オノマトペ」とも呼ばれ、「ホカホカの肉まん」とか「ジュージュー焼き肉焼いてたら」とかいった表現のことです。話に臨場感を持たせることができます。オノマトペは情景や物事を音であらわします...

≫続きを読む

ジェスチャーで話の臨場感を出して相手を笑わせる

ジェスチャーを使って話をすると聞き手を引きこめます。お笑い芸人の千原ジュニアさんはジェスチャーを上手に使います。気を付けて見てみると、千原ジュニアさんは話し始めてからずっと動きっぱなしです。エレベーターに乗るシーンは腕を下から上に動かしたり、人物が二人登場する場合は位置関係をジェスチャーで表現したり...

≫続きを読む

スマホをネタ帳にすれば、もっと笑いが取れるようになる

お笑いの大御所もネタ帳を使うお笑いのセンスを磨くために参考にしたいのが、お笑いの大御所の笑福亭鶴瓶さんです。絶妙のトークで子どもからお年寄りまで笑わせる鶴瓶さんですが、何十年にも渡ってラジオ番組やテレビ番組でおもしろい話を披露し続けています。「あのね今日ね、こんなことありましてん。おもろい奴がおりま...

≫続きを読む

自慢話に「自虐」を添えれば笑いが取れる

自慢話は聞き手を退屈させます。なので、話さないに越したことはないのですが、話しても良い場合があります。それは自慢話から最後自虐ネタに落とせる話です。例えば、高層タワーマンションに住んでいる場合。A「景色が良い50階建てのタワーマンションに住んでます」B「良いところに住んでますね(自慢話か・・・)」ス...

≫続きを読む

共感+「でも○○じゃないですか」で話がどこまでも続く

特に先輩や上司に有効なテクニックです。「でも○○じゃないですか」と返すだけです。上司が「もう年だから、仕事がしんどいんだよね。」と言ったとします。ここで、「そんなことないですよ」では物足りないですね。「でも、夜は元気ですよね」と返すと笑いが取れます。仕事の話を「夜」にずらしているのがポイントです。ス...

≫続きを読む

笑いが取れたら1回休み。引っ張りすぎないのが会話のコツ

笑いを取った後でも油断大敵。気を良くして引っ張りすぎると、聞き手が冷めてしまう場合があります。例えば、社内でゲームをやったとします。社員と社長が対決。その時に社員が「いつもは社長にいじめられてるので、今日は勝たせていただきます」といって笑いが起きました。スポンサードリンク (adsbygoo...

≫続きを読む

自己紹介のコツは「相手に見えている自分」を上手く使うこと

合コンや飲み会から、新しい職場での朝礼など、自己紹介する場面は多いですよね。人前での自己紹介が苦手と言う方も多いです。無理やり笑いを取る必要もありませんが、笑いを取りたい場合は、「人から自分がどう見られているか」を意識しましょう。あなたのことを何も知らない人たちは、まず見た目で何かしらの感想を持ちま...

≫続きを読む

スベったときこそ笑いが取れるチャンス。ウケるマジックフレーズ

会話やギャグでは、周囲がシラケてしまうこともあります。このリスクは、コミュニケーションをする上で、必ず背負わなければいけないリスクです。ギャグはすべるものと考えておいて、間違いありません。笑いを取ろうとすると、必ずスベってしまう場面が必ず訪れます。スベるのが嫌だから笑いを取らないと言う方がいますが、...

≫続きを読む

誰でも簡単に出来る2つの「オチ」の付け方と作り方

笑いを取るにはオチが大切です。厳しい聞き手は「で、オチは?」なんて言ってくるときもあります。しかしあなたはお笑い芸人ではないので、強力なオチは必要ありません。オチにも簡単な作り方が2つあります。オチがあれば会話が繋がりやすくなります。ここで紹介するオチは、ボケではありません。話の終着点です。話のまと...

≫続きを読む

上手ないじり方10選|笑いが取れるいじり方をマスターしよう

相手を上手にいじることができれば、笑いが起きて相手だけでなく周りの雰囲気を良くすることができます。「いじる」と聞くと相手を下げて笑いを取る、いじめっぽいイメージがあるかもしれません。しかしお笑い番組を見ていると分かりますが、相手を食材に例えれば、いじるのはむしろ相手を上手に料理して、素材の味を引き出...

≫続きを読む

上手ないじられ方のコツ|いじられキャラになりたい人必見!

いじられキャラこそが最強相手がおもしろい話を振ってきたり、ボケたりしたときに、即座に反応できないという人も多いのではないでしょうか。実はプロのお笑い芸人にも、そのような人は少なくありません。テレビのトーク番組で明石家さんまに話題を振られても、とっさに反応ができず言葉につまってしまう芸能人は多いですね...

≫続きを読む

上司や先輩のいじり方|可愛がられるいじり方

上の立場の人をいじるのは抵抗があるかもしれませんが、実はやりにくいからこそ大きな効果があります。誰もそんなことを言わないからこそ、あなたが可愛がられるチャンスが生まれます。ただし、「失礼なやつだ」と思われるリスクもありますので、いじる相手は選びましょう。上司がボケてきた場合上司がボケてくるシーン、良...

≫続きを読む

イラっとした話をストックしておけば、笑いが取れる

イラっとしたら笑いのチャンス笑いを取りにいくためには、ときには自分からアホになっていくことも必要です。しかし頭ではわかっていても、いざとなったらなかなかアホになりきれない、自分を出しきれないという人も多いと思います。そのような人におすすめなのが、「イラッとする」ことを2分間で話す訓練です。ストレスフ...

≫続きを読む

テンションが低い人の方が面白い話が出来る|喋らない人の笑わせ方

無口でおとなしい人のほうが、おもしろい話ができるおもしろい話を、毎回する必要はありません。おもしろい話題は会話のスパイスです。普段はローテンションだったり、口下手だったりする人が、時たまおもしろい話をいつものテンションで言うからこそ、相手は「おおっ! この人にこんな一面があったのか」とギャップを感じ...

≫続きを読む

「話がつまらない人の特徴」を知れば、スベり予防に役立つ

話がつまらない人になってませんかみんなにウケるおもしろい話をしたいのに、イマイチ自分の会話がおもしろくないような気がする――そんな悩みはありませんか? おもしろい話ができるようになるためには、どうすればよいのでしょうか。おもしろい話をするコツを身につける前に、まず話がおもしろくない人の共通点を押さえ...

≫続きを読む

笑いやユーモアのセンスを磨くとメリットがいっぱい

ユーモアは人間関係に欠かせないスキルモテる条件として、ルックスや性格などいろいろありますが、ユーモアもモテる人の条件で重要な位置づけとされています。職場でもプライベートでも、人の心をつかむためには、ユーモアは不可欠な要素です。ユーモアのある人は相手の心を開かせます。逆にユーモアがない人は、とっつきに...

≫続きを読む

キンカンの法則を知れば、いつでもどこでも笑いが取れるようになる

笑いの法則は実にシンプル笑いの法則を知っていれば、場の空気に合わせて臨機応変に、おもしろい話ができるようになります。使い古された駄洒落のような定番のフレーズではなく、TPOにあわせた「生きたおもしろさ」を自由に表現するために、「笑いの法則」を理解しておきましょう。天才落語家ともいわれた桂枝雀さんのお...

≫続きを読む

ピクチャートークで映像化すれば笑いが取れる

おもしろく伝えるためのテクニック長い会話などの場合、「伝える方法」も大切な要素になります。ただ、「伝える方法」では、難しいテクニックは不要です。その伝え方のコツはたったひとつだけ、「相手の頭のなかに絵を描くように話す」ことです。この手法はピクチャートークとも呼ばれています。相手があなたの話を聞きなが...

≫続きを読む

笑いを取るための「勉強法」と「トレーニング法」とは

笑いのセンスを磨くための読書聞いている人の頭の中のスクリーンに映像が映るような伝え方をすることが大切だと、何度も繰り返してきました。そのためには、まず自分の頭のなかに映像を映すことが不可欠です。この能力を磨くことが、笑いのトレーニングになります。では、頭の中の映像力を強化するためにはどのようにすれば...

≫続きを読む

スポンサードリンク


会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術