スポンサードリンク

か・い・わの合言葉で恐いものなし!|会話の心得

会話の大事なポイントは「か・い・わ」であらわすことができます。

 

 

つまり
か・・・簡潔に話す
い・・・印象に残るように話す
わ・・・わかりやすく話す
という3つのポイントです。

 

 

まず、簡潔に話すにはどうすればよいでしょうか。
結論から話すのがおすすめです。
話は一番面白いところから話します。
そしてあまり話が長くなりすぎないようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

次に印象に残るようにするにはどうすればいいでしょうか。
声に抑揚をつけることが望ましいです。
よく淡々と話す人がいますが、相手に印象付けるには抑揚をつけたほうがいいでしょう。
聞き手も退屈しません。

 

 

そして、相手がイメージしやすいように話すために、風景が浮かぶような言葉を使いましょう。
色や匂いなど、頭の中で浮かべられる言葉がいいでしょう。
色なら具体的に「赤や青」、匂いならすぐ想像つくような身の回りのものを出すのがおすすめです。
「昨日チューリップ園にいって良い匂いだったよ」より「昨日チューリップ園に行ったら、一面真っ赤なチューリップで、石鹸みたいな良い匂いに包まれたよ」の方が聞き手も想像できて楽しめます。

 

 

最後にわかりやすく話すために必要なものとして、相手目線で話す姿勢が求められます。
専門用語は使わず、相手が理解できる言葉を選び、わからなそうなときは、きちんと理解できているか、ときには立ち止まることも必要です。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク