スポンサードリンク

プレゼンではウケは狙いすぎず、自然にユーモアを取り入れよう

プレゼンテーションを成功させる基本

 

大勢の人に対して自社製品やサービスをアピールするプレゼンテーションは非常に重要ですが、苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

プレゼンテーションのツカミにジョークで場を和ませたい、おもしろいプレゼンテーションをしたいと思うケースもあるでしょうが、会話やスピーチと同様に、プレゼンテーションでも無理にウケを狙わないほうが無難です。

 

それでなくても人前で話すのは緊張するものです。そのようなときにジョークを言ってスベッてしまったら、最悪です。その後のプレゼンテーションがスムーズにいかなくなるリスクが非常に高いのです。

 

プレゼンテーションで自社の商品やサービスで、聞き手が求めていることは、その商品やサービスを購入したら「どのような良いことがあるのか」という情報です。これを購入すれば、「きっと今までとは変わる」、今まで以上に効率が良くなる、便利になり、快適になる、幸せになるなどのメリットを感じたときに、「その商品を購入したい」、「そのサービスを利用したい」、「その提案を実行したい」と感じます。

 

ではどうすれば、聞き手にそのような感情を起こすことができるのでしょうか。プレゼンテーションのお手本として、ぜひ真似したいのが「TVショッピング」です。

 

スポンサードリンク

 

TVショッピングの番組は、視聴者に「欲しい」と思わせるさまざまな工夫が凝らされています。特に参考にしたいのが、この商品を買ったら「どんな良いことがあるか」を見せている点です。たとえばダイエットのための酵素ドリンクなら、購入前と酵素ドリンクを飲んだ後の、ビフォー・アフターの写真を紹介する。腰痛サポーターなら、腰痛に悩んで階段の昇り降りにも不自由している映像と、腰痛サポーターをつけた後に元気に動き回っている映像を見せるなど、視聴者が「購入後の素晴らしい自分」をイメージしやすく作られています。

 

プレゼンテーションにも、この手法を取り入れましょう。あなたのプレゼンテーションを聞いている人が、この商品やサービスを購入したら、どんな良いことがおこるのかを具体的にイメージできるように話しましょう。

 

もちろん基本的な商品説明やデータなども必要ですが、そのうえで、購入後の様子をイメージさせることで聞き手の行動を促すのです。

 

喩え話の章でもご紹介した「聞き手の頭のスクリーンに映像を映し出すように伝えるテクニック」を、プレゼンテーションでも活用してください。

 

まず、自分で購入後の様子をしっかりとイメージ、それを相手に伝えるのです。そうすれば聞いている人も、後にいう後の具体的なイメージを思い描けますから、メリットがダイレクトに伝わります。このようなプレゼンテーションなら、「ぜひ購入したい」と思ってもらえるに違いありません。

 

とはいえ自然なユーモアはやはり効果的

プレゼンでは無理にウケを取るのはリスキーですが、自然にユーモアを組み込めれば効果的です。
皆さんは、TEDという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
TEDとはとアメリカのカリフォルニア州で年に1度行われるプレゼンテーションのイベントです。ビル・ゲイツやクリントン大統領などもプレゼンテーションを行っており、現在はカリフォルニア州だけでなく日本や世界各国で開催されています。

 

スポンサードリンク

 

このTEDについて解説したジェレミー・ドノバン氏の著書『TEDトーク 世界最高のプレゼン術』には、これまで説明してきた「キンカンの法則」と同様のアドバイスが、数多く紹介されています。

 

ジェレミー・ドノバン氏はプレゼンテーションにユーモアを取り入れよと教えています。特に「事実をオーバーに表現する」、「自虐ネタを混ぜ込む」、「権威を無化する」などのテクニックを、積極的に取り入れるべきだと述べています。これらのテクニックを駆使することで、聞き手はリラックスして話を受け入れやすくなります。

 

ギャグやジョークによるウケ狙いをしなくても、これらの「キンカンの法則」を積極的に使っていけば、聞き手の笑いをさそうことができますし、いきいきとしたプレゼンテーションが実現します。

 

3分に1度の割合で、これらの法則を使ってみましょう。
そうすれば聞き手は心を開いてあなたの話をきいてくれますし、「その提案を採用したい」という気持ちになってくれるはずです。

 

良いビジネスにはユーモアが不可欠

 

ビジネスではこれまでとは違った発想や新しいアイデアが求められることも多いですね。アイデアの作り方と、笑いの発想法には、たくさんの共通点があります。

 

優秀なアイデアマンは、ユーモアのセンスも抜群です。アイデアは何もないところから生まれるわけではありません。異なる材料を組み合わせることで、思いがけないアイデアが生まれるのです。

 

これはユーモアを発想するときも同じです。喩え話の章でも説明しましたが、喩える対象と、たとえる物事のギャップが大きければ大きいほど笑いを呼びます。また、自虐ネタでは見た目とのギャップが大きいほどインパクトがあります。

 

アイデアの発想とお笑いの発想には、どちらも物事を一旦抽象化して客観的に把握する能力が求められるのです。

 

アイデアを発想する現場には、笑いが不可欠です。チームでアイデアを出し合う時に、みんなが真面目な顔して意見を出し合っても、おもしろいアイデアを出すことはできません。反対に参加者が笑ったり笑顔だったりしているチームは、斬新なアイデアを出しやすくなります。

 

アイデアは凝り固まった頭からは生まれません。やわらかい頭になるためには、リラックスする必要があります。緊張を緩和させる笑いには、みんなをリラックスさせる効果がありますから、自由な発想が出やすくなるのです

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク