相手の話を覚えておくだけで、一枚上手の話し方が出来る

相手の話を覚えておくだけで、一枚上手の話し方が出来る

ちょっとした相手の話を覚えておく。
こんな少しの工夫が強力な会話術になります。
人の話は、よっぽど強烈な印象がないと覚えていないものです。

 

ですからほとんどの人は、他人の話をほとんど覚えていません。
これを逆手に取ると、他の人と圧倒的な差をつけられます。

 

 

テクニックは相手の話を覚えておくだけ。
相手の話を覚えておいて、そういえば○○ですよねと話しをするだけで、「そんなこと覚えていてくれたの?!」と相手は感動します。

 

 

誰でも出来る簡単なテクニックなので、是非活用してください。

 

 

スポンサードリンク

 

「飼っている金魚は元気ですか」
「今年は娘さんの入学式ですね」
「痩せましたね。前におっしゃっていたバナナダイエットが成功したんですか」
「そういえば、沖縄旅行はどうでしたか?」

 

というように
「この間おっしゃっていた○○は、その後いかがですか?」
と相手に聞くのです。
また、相手の言葉だけじゃなく、ビジュアルも覚えておくと、「先日のスーツも素敵でしたが、今日のカジュアルな服装もいいですね」と、気の効いた会話をすることもできます。

 

 

自分が話したことを覚えていないようなささいなことほど嬉しいものです。
覚えてくれているだけで、「この人は自分のことに興味を持ってくれている」と信じられます。
忘れないように、相手が何か情報をくれたならば、あとでちょこっとメモを残しておくといいでしょう。
特に相手が楽しそうに話していたことは、絶対にメモしておきましょう。

 

 

たった一言で、「この人は他の人と違うな」と思われるのですから、メモを取るくらいお安い御用です。
相手の話を覚えておく、とても有効な会話術です。

 

スポンサードリンク

 

覚えておく+興味を示すで完璧

雑談で相手との距離を縮めたいときに、以前した話を話題に取り上げてみましょう。たとえば、以前の雑談で、次の連休に箱根に旅行に行くという話がでていたことを覚えていたら、「箱根はいかがでしたか?」と話題にあげてみましょう。

 

このように、「この前、○○についておっしゃっていましたよね」などと、前に交わした会話の内容を取り上げれば、相手は「そんなことまで覚えていてくれたのか!」と嬉しくなります。これは、相手を褒めるの変化球ともいえるテクニックです。つまり、「相手の話を覚えている」ことを伝えて、あなたに興味がありますとアピールするのです。誰でも自分に興味をもってくれる人に対しては、イヤな気分にはなりません。相手との距離を縮めるときに、ぜひ「このまえ話しておられた○○についてなんですけど……」などと、話しかけてみてください。

 

とはいえ雑談なんて泡沫の泡のようなもので、会話が終わったら内容はほとんど忘れてしまうのが普通です。ですから、相手の言葉を一言一句覚えておく必要はありません。何となく頭に残っていた事柄を取り上げるだけでOKなのです。

 

そういえば「すき焼き」について話していたな、「サーフィン」って言ってたな、「奥さんが京都の人」だったなど、何となく覚えている一言を取り上げるだけで十分です。たったこれだけのことですが、相手にとっては「自分のことを気にかけてくれている」ということが嬉しいものなのです。そして、あなたに対する親しみがわき、今まで以上に親近感を抱いてくれるはずです。

 

雑談は忘れ去られていくものだからこそ、覚えているということで、他の人と差別化ができます。「他の人は聞き流して忘れているけど、この人だけは覚えていてくれた」と好感度が上がり、「あ、覚えていてくれたんですか? 箱根よかったですよ」とか「ああ、○○についてお話しましたねー」などとその場の雑談が盛り上がります。

 

誰かと話したと後に覚えていることといえば、実はメインテーマとは関係ないことも多いものです。たとえば、肝心の相手の名前は忘れてしまったのに、「粒あんとこしあんのどっちが好きかで盛り上がった人」などという具合です。

 

ですから、ばったり出会って、その人の名前は忘れていても、「粒あんが好きな○○です」といえば、「ああ、そうだった!」と思い出してくれることも多いのです。このように以前の会話から始めると、名前を覚えていない気まずさをあまり感じさせることなく、雑談で盛り上がれます。

 

雑談で話して覚えているキーワードは、自分の相手の共通の記憶を呼び寄せるフックのようなものです。過去の話題という共通項目から入ると、話がしやすくなります。

 

このように「あのときの話ですけど……」、「このあいだのお店に行ってきましたよ」などと、以前の話を持ち出せば、しばらく会っていなくても、そのブランクを埋めることかできます。久しぶりに会ったのに、つい昨日会ったばかりのような親近感を相手に与えることができ、相手とのつながりを深めることができます。

 

スポンサードリンク


相手の話を覚えておくだけで、一枚上手の話し方が出来る関連ページ

話す順番
興味をそそる話し方
相手に飽きさせないコツ
面白いアングル
身振り手振りを活用しよう
ニッチな話題
ポジティブな感情は表に出す
ネガティブな感情は我慢すべし
褒める 気付く
感謝と心配を伝える
数字を使う
会話に必要な3つもの
合言葉は「か・い・わ」
人に合った言葉を使う
信頼される話し方
接続詞を上手に使う
目線を使う
オウム返しすべき状況
あいさつ+一言
話しかけやすい人になる
話しづらい人と仲良くなる
人との距離を詰めるのが上手い人
質問されたとき「はい」「いいで」だけで終わってませんか?話し上手になりましょう
ねぎらいの言葉をかければ、お互いに優しい気持ちになれる
例える力を磨けば話は10倍伝わる|お笑い芸人も使う話し方のコツ
名前を呼ぶだけで好かれる
ストーリーを意識すれば聞き手が喜ぶ
「ポジティブ言い換え」を是非マスターしよう
会話が盛り上がるシーン別マジックフレーズ
上手な断り方を身につけよう|誘いや提案をスマートにかわす方法
気遣いの言葉の掛け方|男性女性問わず、ビジネスでも使えるコツ
ビジネスでも使える!複数人と雑談するときの話題の選び方
相手のいいところを探すように話せば、会話上手になれる
相手の口調やしぐさを真似るミラーリングで仲良くなる
人から信頼される話し方とは
会議の場での話し方|発言が苦手な方必見
会話のコツはまず空気を読む!空気が読めない人にならないために

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術