スポンサードリンク

接続詞マスターになれば会話マスターになれる|会話のコツ

話にメリハリをつけるためには、二つのポイントがあります。
まず、一つ目のポイントは「一文の長さを短くすること」です。

 

「昨日レストランに食事に行って、そこでビールを飲んだんですが、そこのウェイトレスにおかわりをお願いしたところ、もうその辺にしておいたほうがいいと言われて、わたしは全然酔っぱらっていなかったんですが~」

 

というような話し方をする人がいますが、文はなるべく短く「。」で区切ってしまったほうが分かりやすいです。
削っても意味が通る単語は削ってしまうのもおすすめ。

 

スポンサードリンク

 

「昨日レストランでビールを何杯か飲んでたんですよ。そこでウエイトレスにおかわりをお願いしたらこう言うんです。お客様、もうその辺にしておいたほうが、って。私は全然酔ってなかったんですよ。」
こういった言い回しの方が相手に伝わります。

 

そして二つ目のポイントは「接続詞を積極的に使う」というものです。
接続詞を意識して使っている人は少ないです。

 

文章は細かくして、文と文は接続詞でくっつける。
「しかし」「そして」「ところが」と言った接続詞を日ごろから使い慣れておくとよいでしょう。

 

いきなりやれと言われてもなかなか難しいことなので、
この言い回しは上手だなと思ったときなど、メモをとったりして、自分でも使えるようにするとパッと適切な言葉が出てきます。
日々の積み重ねは大切です。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク