面白い雑談・会話のネタ帳の作り方|エピソードトークネタの書き方

雑談や会話を面白くするには、素材であるネタが不可欠です。
そのネタを集めるために効果的なツールが「ネタ帳」。ネタ帳があれば面白いエピソードトークもできるようになります。
こちらではそんなネタ帳の作り方、ネタ帳の使い方などをご紹介していきます。

 

お笑いの大御所もネタ帳を使う

ネタ帳作りで参考にしたいのが、お笑いの大御所である笑福亭鶴瓶さんです。
絶妙なトークで子どもからお年寄りまで人気の鶴瓶さんですが、何十年にも渡ってラジオ番組やテレビ番組で、「あのね今日ね、こんなことありましてん。おもろい奴がおりまんねんなぁ・・・」とおもしろい話を披露し続けています。
毎回毎回、そんなに面白い人や出来事がよくあるもんだと感心するのですが、どうして鶴瓶さんは、何十年にもわたっておもしろエピソードトークが絶えないかというと、その秘密はネタ帳にあるといわれています。
関西出身の芸人さんである鶴瓶さんは、東京だけでなく大阪の番組にも数多く出演されています。
自然と新幹線に乗る回数も多くなりますが、その移動時間に必ず行うのが「面白いこと探し」だそうです。
そして面白いことを見つけたら、必ずネタ帳にエピソードを書いておくというのです。
鶴瓶さんはとあるインタビュー答えていましたが、ネタ帳に書き溜めた面白エピソードは1年で584個もあったそうです。

 

スポンサードリンク

 

このネタ帳作りは、鶴瓶さんが20歳の頃から欠かさず続けているそうです。
半世紀近くかけて書き溜めた面白いエピソードですから、1年で600個弱だとすると、トータル3万個近くになります。
鶴瓶さんは時間のあるときにこれらのエピソードを何度も読み返して、いつでも話せるように記憶しておくそうです。
これが、いつも鶴瓶さんが面白いエピソードトークを披露できる秘密です。
お笑いの大御所である鶴瓶さんでさえも、何十年にもわたってコツコツと努力していることがわかります。

 

まずは移動中のスキマ時間を使って、面白いネタを探してみるところからスタートしてみましょう。

 

自分だけのネタ帳の作り方

笑福亭鶴瓶さんほどでなくても、面白いことをみつけたら、すぐにメモする習慣をつけて自分だけのネタ帳を作ってみましょう。
今は忙しいから後でと思っていると、せっかくいいネタがあっても結局は忘れてしまいます。
走り書きでもかまわないので、何があったかだけでも必ずメモに残すようにしましょう。補足説明は、時間のあるときに書き加えればいいのです。
ネタ帳にメモするときのポイントは、「いつ(When)」、「どこで(Where)」、「誰が(Who)」、「何を」(What)」、「どのようにした(How)」の4W1Hの情報だけはなるべく残すようにします。
4W1Hの情報が揃っていれば、いざ聞いてもらうときに相手に映像をイメージしてもらうことができるからです。

 

日常会話でも、事前に話題のネタを準備しておくだけで、会話の幅が大きく広がります。
雑談や会話の中で使うと効果は抜群なので、お笑い芸人になったつもりでネタ帳を作ってみましょう。
ネタ帳を紙で作るときは、いつも使っている手帳などとは別に、独立したネタ帳を用意することをおすすめします。
会話ネタだけを書き留めるノートを個別に作ることで、自分だけの大切な記録という意識が生まれます。

 

そして、ネタ帳はいつも持ち歩くようにします。
そうすることで「せっかく持ち歩いてるんだから、何かしらネタを見つけて記録してやろう」という意識が生まれて、ネタに対するアンテナを張ることができるからです。そして見つけた面白いと思った事柄や話題を、どんどん書き留めます。

 

その場では要点だけをメモしておき、後で時間があるときに「どこで誰が、何をしたのか」がわかるよう、タイトルや補足のメモを書き加えておきます。
また、メモには日付を付けておいて、いつネタを拾ったのかがわかるようにすると、読み返したときに便利です。

 

スポンサードリンク

 

ネタ帳は定期的に読み返す

ネタ帳は定期的に読み返しましょう。そしてこのネタはどんな場面で使うと喜ばれそうなのか、タグや見出しをつけておくと便利です。
例えば以下のようにタグを付けておきましょう。

 

・朝の朝礼での1分間スピーチ
・結婚式での新郎新婦へのスピーチ
・プレゼンテーション
・同僚との日常会話
・取引先との会話
・友達との飲み会
・合コン

 

一つのネタに複数のタグを付けて大丈夫です。
このように、どんなシーンで使えるかあらかじめシミュレーションしておくと、臨機応変にネタを活かすことができます。

 

ネタ帳は、コツコツと会話のネタをストックしていく貯金箱のようものです。
1日1個のネタを書き留めていけば、1年間に365個のネタがストックできます。これは一生使える自分だけの貴重な資産になります。

 

お笑い芸人さんは、面白いネタが無いか常にアンテナを貼って、当たり前のようにネタ帳を作っています。
芸人さんみたいに話せるようになりたいと思ったら、「これは面白い!」と思ったことは、笑って終わりにせず、メモする習慣を付けてみましょう。
それだけでもネタの質がグッと良くなります。

 

きちんとネタを管理したい場合は、ネタ帳は4W1Hの単語だけ走り書きしておいて、帰宅してから清書用のノートにきれいに書き直して保存しておくのもおすすめです。
ネタを大切にする意識が生まれて、これもネタ探しのアンテナが張られるようになるからです。
ただ最初は、手間がかかって長続きしないより、なるべく手軽にできて何度も読み返せるようなネタ帳にするのがいいでしょう。

 

手軽に持ち歩けるといえば、メモ帳を持ち歩かなくても、今ならスマートフォンにメモすることもできます。
スマホならいつも持ち歩いていますし、面白いと思った事をメモするくらいなら手間がかかりません。
スマホでネタをメモしていくと、ネタとネタがくっついて面白い話が出来上がることもありますので、心が動いたらとりあえずメモしておきましょう。
後で見直して、なんでこんなのメモしたんだろうって思えば消せばいいだけですし、検索のしやすさもスマホならではの強みです。
スマホに最初から入っているメモ帳機能でも十分ですが、以下のようなアプリを活用するのも効果的です。

 

「LINE」「Google Keep」
・「LINE」は自分だけのグループを作ってメッセージやファイルを送信してネタ帳に使える。
・パソコンにもアプリを入れておくと同期が簡単にできる。
・手書きファイル、写真、動画などもアップしておける。

 

「ストーリープロッター」「Nola」「SS Writer」
・プロットが作れるため、ネタ帳だけでなくストーリーを上手に面白く作れる。
・エピソードトークを練り上げるのに使いやすい

 

せっかく出会えた面白いエピソードは値千金の貴重な物なので、メモせず忘れてしまうととても勿体ないです。
いざ人前で話そうとしても、何が面白かったのかさえ覚えてないパターンに陥ってしまいます。

 

また、できる営業マンもお客さんと話すときのために、ネタ帳を持っている方が多いといいます。
お客さんに合わせた面白い話をするために常に笑いをストックしておくのは素敵ですし、楽しく笑わせてくれる人にはお笑い芸人さんでなくてもまた会いたいとファンが付いていくものです。

 

 

通勤途中や飲み会で面白いと思ったことをどんどんメモしていきましょう。
飲み会では、盛り上がってくるとたくさん面白いネタを仕入れることができるはずです。
飲み会で仕入れたネタはどんなメンバーでの飲み会かだけ記録しておけば、他のメンバーとの飲み会ですぐに使えたりします。

 

他にもテレビやニュースからネタを仕入れるのもおすすめです。
ネタを集めるときは漫然とテレビを観るのではなく、「なんか面白いことないかな」と探しながら観るようにしましょう。
ネタを見つける、記録する、笑いが取れる、という好循環が生まれるともっとネタを集めたくなります。そうするともっと面白いネタが見つかるようになります。

 

スポンサードリンク

 

とはいえ「これは面白い!」と思えるネタを見つけるのはなかなか難しい作業です。
お笑い芸人さんならプロの目があるので、何気ない日常シーンからでも面白いネタを拾い上げることができるかもしれませんが、普通の人が1日に1個面白いいネタを見つけようとしても難しいというのが本音ではないでしょうか。
そこでおすすめのネタ探し方法が、面白いものを見つけようとするのではなく、「ちょっとした違和感」「なんとなく不自然な状況」を探すことです。

 

街中華のランチおすすめメニューに握り寿司がある
夏なのに毛皮のコートを来て歩いている人がいる
冬なのに半袖短パンで歩いている人がいる

 

このように笑えるほどではなくても違和感を見つけられれば、そこから面白いに繋がることがあります。
面白い現象を探そうとするとなかなか見つかりませんが、「ちょっと変」「何かおかしい」ことはないかなと探してみれば、いろいろなところにネタが落ちていることに気付くはずです。気付いたネタはどんどんネタ帳に書き込みましょう。ネタ帳が埋まれば、ネタ帳を作ることが楽しくなります。

 

出来上がったネタ帳は、電車の待ち時間などちょっとした空き時間に、読み返すようにしましょう。
何度も読み返すことで頭のなかにエピソードが刻まれ、雑談や飲み会など臨機応変にポンっと話すことができるようになるはずです。
自分だけのネタ帳は、人との距離を縮める最強のコミュニケーションツールになってくれます。

 

ネタ帳の効果が実感できるようになると、今度はネタを探すために積極的に探しに出かけたくなってきます。
そうすればしめたもので、自然とネタが増えていく好循環が生まれます。是非、面白いことを探してネタ帳を充実させる習慣づけてみてください。

 

 

スポンサードリンク