イラっとした話をストックしておけば、笑いが取れる

イラっとした話をストックしておけば、笑いが取れる

イラっとしたら笑いのチャンス

 

笑いを取りにいくためには、ときには自分からアホになっていくことも必要です。しかし頭ではわかっていても、いざとなったらなかなかアホになりきれない、自分を出しきれないという人も多いと思います。

 

そのような人におすすめなのが、「イラッとする」ことを2分間で話す訓練です。

 

ストレスフルな社会ですから、「イラッとする」と感じることが多いのではないでしょうか。大阪のおばちゃんなら、「ちょっと聞いてえ、最近イラッと来たことあんねん……」と近所の奥さんに愚痴ることでしょう。そんなつもりでイラッとしたことを話してみてください。このときに心がけてほしいのが、そのときの情景を頭に思い描きながら話すことです。

 

「イラッとする」感情にはネガティブなものと、ポジティブなものの2種類があります。

 

スポンサードリンク

 

ネガティブな例としては、「隣の席の同僚が暗くて、イライラするんです」など、人の悪口に関することです。これは聞いていて、面白い話題ではありません。

 

一方、「通勤でいつも歩いてる道なんですが、いつも僕が到着する3歩前で赤信号になるんです。さしかかる直前で必ず赤信号で止められるんでイラッと来るんです。それも直前というところが腹立つんです。何なん?ぼくの足が短くて歩幅狭いから悪いのん?って思ってむっちゃ歩幅広くしてみたり、早歩きしてみたりしてるんですが、ダメなんです。朝から疲れます」自虐ネタですが、人の悪口ではありませんし、相手に笑ってもらおうという気持ちが感じられるので、こちらはポジティブな話といえるでしょう。

 

同じ「イラッと来た」話でも、ネガティブにもポジティブにもなります。人とのコミュニケーションを深めるためには、ポジティブな会話が断然おすすめです。こちらのほうが聞き手が共感しやすいので、相手との距離が狭まる効果があるからです。やはりお笑いは明るくないと、心から楽しめないのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

イラっとした話をストックしておけば、笑いが取れる関連ページ

大切な心構え
下ネタで笑いを取る
おおげさな言い回し
勘違い
たとえ話
笑いを取りやすいネタと話題とは?|笑いを取る方法
人の真似で笑わせる
一言で笑いを取る
ボケのメカニズムを知ればいつでも笑いが取れるようになる
短いツッコミをビシッと入れるだけで笑いは取れる
ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし
擬音語・擬態語「オノマトペ」を使うと笑いが取れる
ジェスチャーで話の臨場感を出して相手を笑わせる
スマホをネタ帳にすれば、もっと笑いが取れるようになる
自慢話に「自虐」を添えれば笑いが取れる
共感+「でも○○じゃないですか」で話がどこまでも続く
笑いが取れたら1回休み。引っ張りすぎないのが会話のコツ
自己紹介のコツは「相手に見えている自分」を上手く使うこと
スベったときこそ笑いが取れるチャンス。ウケるマジックフレーズ
誰でも簡単に出来る2つの「オチ」の付け方と作り方
上手ないじり方10選|笑いが取れるいじり方をマスターしよう
上手ないじられ方のコツ|いじられキャラになりたい人必見!
上司や先輩のいじり方|可愛がられるいじり方
テンションが低い人の方が面白い話が出来る|喋らない人の笑わせ方
「話がつまらない人の特徴」を知れば、スベり予防に役立つ
笑いやユーモアのセンスを磨くとメリットがいっぱい
キンカンの法則を知れば、いつでもどこでも笑いが取れるようになる
ピクチャートークで映像化すれば笑いが取れる
笑いを取るための「勉強法」と「トレーニング法」とは

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術