職場の上司や先輩から可愛がられるコツは、「アホになれること」

職場の上司や先輩から可愛がられるコツは、「アホになれること」

知らないことは聞くことが可愛がられる極意

 

得意先との商談や仕事の打ち合わせ、はたまたプライベートな会話などで、相手が専門用語などの知らない言葉を使ったり、難しい話題になったりすることがあります。

 

話の腰を折ってはマズイと思って、そのまま聞き流してしまうことはありませんか。また、「何だこんなことも知らないのか」と思われるのが怖くて、さもわかっているふりをして話を聞いているうちに、尋ねる機会を逸してしまうといった経験はないでしょうか。

 

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と古くから言われているように、わからないことを聞くことは大切です。でも、できる人が少ないのでこのような諺が現代になっても残っているのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

実は、分からないことがあればすぐに尋ねるということは、お笑いのツッコミのテクニックです。これは、相手の言葉をしっかりと聞いて、質問をして会話を深掘りしていくツッコミのテクニックそのものです。

 

相手のことをフォローするのがツッコミ役であり、相手が話した言葉をそのままスルーしない愛情とサービス精神がツッコミの基本です。相手の言葉をスルーしないためには、わからないことがあればすぐに質問するのがセオリーとなります。知らない言葉をそのままにして、実りのある会話を続けるのは難しいからです。

 

 

「その言葉、知りませんでした」と素直に自分が知らないことを認め、「教えてください」とお願いする。そして「そういう意味なんですか、さすがですね」と相手を持ち上げる。「知らない」と認めることは、自分はバカであると言っているのも同様です。特に初対面の人や目上の人など気を使う相手の場合、知らないと認めることは勇気がいります。

 

しかし、コミュニケーションにおいては、相手が目上であれ、目下であれ、お笑いの精神を忘れないことが大切です。特に、人の上に立つリーダーや有能な人ほど、「知らないことをそのままに放っておく人間より、知らないことは素直に聞く人間のほうが賢い」ということを理解しています。逆に、わかりもしないのに知ったかぶりをする人をバカな奴だと見下さす傾向にあります。

 

本当に賢い人は、自分からアホになれる人です。つまらない見栄やプライドを守るよりも、お互いのコミュニケーションを実りのあるものしようというサービス精神のある人のほうが賢いのです。

 

スポンサードリンク

 

誰しも、「あー、それ知ってる、知ってる」とうそぶく人よりも、「教えてください」と尋ねてくる人の方をかわいく思います。

 

ただし、同じことを何度も尋ねるのはNGです。教えてもらったことはきちんとメモしておき、関連する事柄も本や新聞などで勉強しておきましょう。また、会合などで取り上げられるテーマについて、あらかじめ下調べしておくことも大切です。プロのビジネスパーソンとして、知っておくべき最低限の知識は身につけるよう努力しましょう。

 

それでも会話が発展していくうちに、自分が知らない専門用語などが相手の口から出てくることかあります。そのときは、恥ずかしがらず素直に教えを請いましょう。相手が「こんなことも知らないのか。勉強不足だな」言ったとしても、苦言ではなくガンバレというエールだと受け止めましょう。尋ねるタイミングを逸して、うやむやにするほうが心理的な負担は大きいはずです。

 

「勉強不足で申し訳ありませんが、今の言葉の意味を教えていただけますか」と、会話でわからないことがあれば、見逃さない。これがビジネスシーンでのツッコミの極意です。

 

このようにして、さらにコミュニケーション能力が上達していけば、さらにその上のレベル「知っているけれど知らないふりをする」テクニックを使えるようになります。

 

ツッコミ役の人は、頭の回転が早く反応もキビキビしていますが、それが逆に相手に警戒心や不快感を与えるケースもあります。このため、ツッコミ役から、あえてボケ役にシフトチェンジして、知っている話題であっても、「そうなんですか、そのお話、知りませんでした!」などと言うことで、相手からいろいろ教えてもらいましょう。

 

スポンサードリンク


会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術