スポンサードリンク

会話上手は質問上手|聞く力

聞き手は話を聞くという性質上、話の間に質問をはさむことになります。
この質問の仕方にも、聞き上手とそうでない人を分けるコツがありますので覚えておきましょう。

 

まず質問には2種類のものがあることを知ってください。

 

 

まず会話を一瞬で終わらせてしまう質問が「はい」「いいえ」の二択で終わってしまう質問です。
「元気ですか?」「おいしいですか?」「好きですか?」という質問には「はい」か「いいえ」で終わってしまうので、会話が続きにくいという性質があります。
これをクローズド・クエスチョン、閉じられた質問と呼びます。

 

 

それよりもむしろ積極的に使いたい質問は、4W1Hを聞く質問です。

 

 

「いつ?」「どこで?」「だれが?」「なにを?」「どうやった?」
を聞けば相手は「はい」「いいえ」では答えられませんので、どうしても話をすることになります。
これをオープン・クエスチョン、開いた質問と呼びます。

 

スポンサードリンク

 

実はこれが質問の仕方のコツで、上手な聞き手は後者の4W1Hを聞く質問をはさむんですね。

 

 

相手「実は先週熱海に行きましてね」という話について。
「楽しかったですか?」「晴れてましたか?」とクローズドクエスチョンで聞くより
「誰と行ったんですか?」「熱海ではどこか観光しましたか?」などオープンクエスチョンで話を広げてあげるとよいでしょう。

 

 

また、クローズドとオープンを組み合わせるのも有効です。
王道なのがクローズドで入り、オープンで広げる方法。

 

「甘いものは好きですか?」(クローズドクエスチョン)
「はい」
「最近おすすめのスイーツはありますか?」(オープンクエスチョン)
「新宿にある○○ってお店のケーキが美味しかったですね」

 

最初にクローズドクエスチョンで、興味のありなしを聞いて、興味があるようならオープンクエスチョンで広げる質問方法です。
もし興味がなかったら、すぐ別の話題に切り替えられます。

 

他にも
・オープンクエスチョン→クローズドクエスチョン
・オープンクエスチョンを繰り返す
・クローズドクエスチョンを繰り返す
といったバリエーションもありますが、基本的にはクローズド→オープンがいいでしょう。
特にクローズドクエスチョンを繰り返すと、詰問されているな気になって相手を困らせてしまう危険があります。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク