【人間の臓器】種類と役割一覧表

臓器の名前・種類 役割

【大脳】
物事を考えたり、決めたりする知的な機能
【小脳】
歩く・走るといった運動をコントロールする機能
【脳幹】
呼吸など、生命をコントロールする機能

心臓 きれいな血液を全身へ送り、よごれた血液を回収して肺に送る
空気中の酸素を体に取り入れ、不要な二酸化炭素を外に出す
肝臓

①胆汁(脂肪を消化するために緑色の液)を作る
②食べ物を栄養素として体が吸収できるように、成分を変化させる
③毒(アルコール、ニコチンなど)を中和させる

胆のう 肝臓で作られた胆汁を溜めておく機能
脾臓(ひぞう)

古くなった赤血球を壊す
病原菌などの抗体を作る

腎臓

血液をろ過し、老廃物や余分な水分を尿にする
体内の水分量や、血液、体液のバランスの調整
ホルモンを作る

食べたものを吸収しやすいように消化する
十二指腸 胃で消化された食べ物にすい液や胆汁などの消化液を混ぜて、小腸に送る
膵臓(すいぞう) 食べ物を消化する「すい液」を作り、十二指腸に送り出す
小腸 胃や十二指腸で消化された食べ物をさらに分解し、栄養素を吸収する
大腸 水分やミネラルを吸収し、便を作る