大人しいけど面白い人の話し方|ローテンションでも笑いが取れる方法

 

スポンサードリンク

 

大人しいけど面白い人っていますよね。
テレビを見ていても普段はローテンションで静かなのに、ボソッと一言話せばそれが面白くて爆笑を取っている人気のお笑い芸人さんもいます。
少ない言葉でローリスクで笑いが取れれば、それに越したことはありませんよね。こちらではそんな普段は無口だけど、話せば面白い人の話し方のポイントをご紹介していきます。

 

大人しい人の方が面白い素質がある

普段は口下手でローテンションの人が、ときどき面白い話をいつものテンションで言うと、聞き手は「この人にはこんな面白い一面があったのか!」とギャップを感じて思わず笑ってくれたりします。
日常会話のなかでは面白い話はスパイスになりますので、気が向いたときにチャレンジしてみるのがおすすめです。
とはいえ、お笑い芸人でもなければ、常日頃から面白い話をしようと身構える必要はありません。

 

お笑いには緊張と緩和が重要と言われますが(詳細は「キンカンの法則を知れば、いつでもどこでも笑いが取れるようになる」を参照)、日常会話にもメリハリが有効です。
いつもローテンションで淡々としゃべっているだけでは、相手は退屈してしまうかもしれませんが、ここぞというポイントだけ面白い一言を発すれば、会話全体がスパイスが効いた美味しい料理のように面白くなります。

 

ですから、自分は口下手だと思う方は、「面白くて短い一言」が言えることを目指しましょう。
実は、天真爛漫で明るい人よりも、ちょっと屈折している人、人付き合いに苦手意識がある人、内向的な自分にコンプレックスを感じている人といったほうが、自分と向き合う時間が長い分面白い話が出来ると言われています。
お笑い芸人には暗い性格の人が多い、ともよく言われているのです。

 

大人しい人は一言でも面白いことを言うと、性格とのギャップがインパクトを与え笑いを呼び込むことができます。
「自分は人付き合いが苦手だ」、「しゃべるのが得意ではない」と自信が無い人こそ、そうった才能があるといえます。
以下では具体的に笑いが取れるテクニックをご紹介していくので、是非一度試してみてください。

 

スポンサードリンク

 

大人しく聞き手からスタートする

突然ですが、校長先生の全校挨拶は、つまらない話の代表例ではないでしょうか。
途中であくびを噛み殺したり、「長いな、早く終わらないかな」と願った経験は誰にでもあると思います。
実際、校長先生が一生懸命演壇で話をしていても、多くの人が真剣に聞いていません。

 

もちろん校長先生は、生徒たちが興味を持つように工夫しながら話しているつもりだと思います。
しかし、それでも校長先生の話が面白くない理由は、聞き手に対して一方的に話をしているからです。

 

自分から明るく積極的に話す努力を一生懸命したとても、その話が一方的なら相手には退屈なだけです。
逆に言えば相手に楽しんでもらうために一番簡単な方法は、聞き手に回ってしまうことです。

 

どんな無口な人でも、基本的に人の話を聞くよりも自分の話を聞いてもらうことのほうが好きなので、自分の話に耳を傾けてくれる人がいれば気持ち良くしゃべってくれるものです。
この心理を利用して、まず会話では相手にどんどん話してもらいましょう。それだけで人は楽しい気分になります。
自分は会話全体の2割程度しゃべり、あとはみんな相手にしゃべらせるというスタンスです。そしてその2割で一言、面白いことを言うのがまずはおすすめです。

 

その時におすすめなのが、相手の話を聞いて例えツッコミを入れること。(例えツッコミの詳細は「一言で笑わせる人のテクニック「例えツッコミ」」を参照してください。)
これなら一言でも笑いを十分狙えます。

 

阿川佐和子さんのエッセイ「聞く力」がベストセラーになったように、相手とのコミュニケーションを深めるためには、まず聞き上手になることが大切です。
面白い話をするための入口は話し上手ではなく、聞き上手です。
相手の話を聞いて、面白いエッセンスを抽出するところから始めましょう。

 

スポンサードリンク

 

無口な人は一言を強くする

例えば友人とお茶を飲んでいるときに、次のような話をされたらどうでしょうか。

 

「この間の土曜日に友だちのカオリンとランチに行ったの。カオリンは高校時代からの友だちで、今はアパレルショップで働いているの。でね、行ったのは代官山の新しくできたお店。イタリアで修行したシェフがやっていて、すごくおしゃれな店で、お店に入ったらイケメンの店員さんが席に案内してくれて、感じ良かった。メニューはパンでしょー、メインの仔牛でしょ、サラダと、スープもついてた。あとね、最初に出てきたアミューズメントがおしゃれでおいしかった。それからねデザートがね・・・」

 

このように「カオリン」とランチに出かけた出来事をこと細かく一方的に話されたら、退屈に感じると思います。
体験したことを全部そのまましゃべろうとすると、こういう話し方になってしまいます。

 

聞き手からしてみれば、カオリンが他人ならが何の職業をしているのか興味がないかもしれませんし、何を食べたか興味がなければメニューの細かい説明もどうでもいいかもしれません。
相手を退屈させないためにも、会話では相手に何を伝えたいのか、話題の優先順位を考えて伝える必要があります。

 

この友人は新しくできたお店にランチに行って楽しかったから、「今度はいっしょに行こう」と誘いたかったのかもしれません。
それなのに、前置きが長すぎて相手の気持ちを削いでしまったら本末転倒です。

 

そうならないためにも、自分が話すときは相手に何を伝えたいのかをよく考えて、長々としゃべるのではなく「一つの文章を力強く、短くすること」が大切です。
例えば、「おしゃれなレストランは、やっぱりランチに限るね」。こういう入りでスタートします。

 

相手に聞いてもらいたい話があるときは、入りはこのくらいの短さで十分です。
そうすると相手は「おしゃれなレストランに限った話なの?」「なぜランチなの?」と、興味を持ってくれます。
面白い会話にするためには、自分で話すだけでなく、相手を会話にグイグイと巻き込んでいくことが効果的です。

 

会話は言葉のキャッチボールと言われるとおり、自分だけがボールを握っていては楽しめません。
自分一人が話を長くキープするのではなく、どんどん相手にボールを投げていきましょう。

 

そしてそのときに、短い言葉で伝えれることができれば、内容が凝縮されてボールの威力が強まります。
パワフルなボールを相手に投げかけることで、相手があなたの話に興味をもってくれるようになります。
面白い会話をしたいなら、伝えたいことを一点に集中させて、短いフレーズで力強く伝えるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

ローテーションさで聞き手のガードを下げさせる

面白いことを思いついても、滑ってしまうことを考えて二の足を踏んで言えないことがあると思います。
お笑いの世界ではウケないことを「スベる」ともいいます。
自分のネタがスベると恥ずかしさから、「今笑うとこです」などとフォローする人もいますが、これはスベって聞き手は引いているところにさらに「笑うところが分からないそちらの責任です」と言っているようなもので、おすすめできません。

 

しかも、一般の方がウケ狙いでギャグをすると、スベる確率のほうが高いです。
ウケを狙うと滑りやすい理由は、「何かおもしろいことを話すんだな」と相手が敏感に察知し、期待します。
また期待と同時に「面白くなかったらどう反応すればいいんだろう」と心配もします。
その結果、笑うためのガードが上がって「閾値」が高くなり、自然体だったら笑えた話でも笑えなくなってしまうのです。

 

相手に期待させてしまう代表例として、「聞いて!昨日、面白いことがあってさ」という話の入り方もあります。
これも聞き手の期待値が上がって、スベりやすくなるのでおすすめできません。
また、自分が笑いながら話始めるのも、同様の理由でやめておいた方が無難です。

 

逆に聞き手の期待させすぎず、ガードを下げさせるためには、ローテンションな雰囲気で会話を始めることが有効です。
お笑いタレントの小藪千豊さんは、「人志松本のすべらない話」で何度か賞をとっていますが、話し方はいつもローテンションでボソボソと話しています。
このように真面目な表情で話すと、相手も真面目な話かなと思って聞いてくれます。
それなのにおもしろい話が出ると、意外性があって笑いが起こるのです。
大人しいけど面白い人を目指すなら、小籔さんのスタイルは一つのお手本になります。淡々と話しながら、おもしろい一言で相手を笑わせる、そんな笑いを狙いましょう。

 

 

スポンサードリンク