テンションが低い人の方が面白い話が出来る|喋らない人の笑わせ方

テンションが低い人の方が面白い話が出来る|喋らない人の笑わせ方

 

無口でおとなしい人のほうが、おもしろい話ができる

 

おもしろい話を、毎回する必要はありません。おもしろい話題は会話のスパイスです。普段はローテンションだったり、口下手だったりする人が、時たまおもしろい話をいつものテンションで言うからこそ、相手は「おおっ! この人にこんな一面があったのか」とギャップを感じて、思わず笑ってくれるのです。

 

会話にはメリハリが必要です。淡々としゃべっているだけでは、相手は退屈します。しかし、ここぞというポイントで、スパイスを効かせるようにおもしろい話をすることで、会話全体がおいしい料理のように、充実したものになるのです。

 

ですから、ほんの一言でその場の空気を和ませるのが私たちが目指すおもしろい話なのです。お笑いタレントには暗い性格の人が多いとよくいわれますが、そのことからもわかるように、天真爛漫で明るい人よりも、ちょっと屈折している人、人付き合いに苦手意識がある人、内向的な自分にコンプレックスを感じている人といったほうが、おもしろい話のコツをつかみやすいのです。

 

スポンサードリンク

 

このような人が、一言おもしろいことを言うと、性格とのギャップでインパクトを与え、笑いを呼び込みます。「自分は人付き合いが苦手だ」、「しゃべるのが得意ではない」と自信をなくしている人は、どうぞ安心してください。これからご紹介していく、おもしろい話をするテクニックを身につければ、そのような不安感は吹き飛ぶはずです。

 

おもしろい話をする人はしゃべらない

 

全ての人がそうだとはいいませんが、社長や校長先生などのスピーチには、つまらないものが多いのではないでしょうか。途中であくびを噛み殺したり、早く終わらないかな〜と願ったりした経験はありませんか。社長や校長先生が演壇で話をしていても、多くの人が話を真剣に聞いていません。

 

なぜ社長や校長先生の話はつまらないのでしょうか。本人は聞き手が興味を持つように工夫しながら話しているつもりだと思います。しかし、話し手が思っているほど、その話はおもしろくはないのです。何故なのでしょうか。

 

それは社長や校長先生が、目下の人たちに対して、一方的に話をしているからです。

 

おもしろい話をするためには、自分が一方的に話すのはNGです。おもしろい話をする極意は、「自分は極力しゃべらない」ことです。

 

どうでしょうか。おもしろい話をするためには、自分から積極的に話さなければいけないと思っていませんか。一生懸命努力して、明るく話そうと努力していませんでしたか。残念ながらそのような努力をしても、おもしろい話をすることはできません。

 

どんな無口な人でも、自分の話に耳を傾けてくれる人がいれば、気持ちよくしゃべってくれます。人は基本的に人の話を聞くよりも、自分の話を聞いてもらうことのほうが好きだからです。

 

この心理を利用して、会話では相手にどんどん話してもらいましょう。そうすれば、その人は楽しい気分になります。自分は会話全体の2割程度しゃべり、あとはみんな相手にしゃべらせるというスタンスです。

 

阿川佐和子さんのエッセイ『聞く力』がベストセラーになったことからもわかるように、コミュニケーションを深めるためには、聞き上手になることが大切です。おもしろい話の場合も同様です。おもしろい話をする人は話し上手ではなく、聞き上手であることを肝に銘じておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

伝えたいことを短いフレーズに凝縮させる

 

たとえば友人とお茶を飲んでいるときに、次のような話をされたらどう感じるでしょうか。

 

「この間の土曜日に友だちのカオリンとランチに行ったの。カオリンは高校時代からの友だちで、今はアパレルショップで働いているの。でね、行ったのは代官山の新しくできたお店。イタリアで修行したシェフがやっていて、すごくおしゃれな店で、お店に入ったらイケメンの店員さんが席に案内してくれて、感じ良かった。メニューはパンでしょー、メインの仔牛でしょー、サラダとぉ、スープもついてた。あとね、最初に出てきたアミューズメントがおしゃれでおいしかった。それからねデザートがね……」

 

このように友人とランチに出かけた話をこと細かに、かつ一方的に話されたら退屈に感じるのではないでしょうか。これは体験したことを、そのままダラダラしゃべっているからです。

 

聞き手にとって、その友だちが何の職業をしているのか無関係ですし、メニューも逐一教えてもらわなくてもいいのではないでしょうか。会話では、相手に何を伝えたいのかを考えながら話す必要があります。つまり話題には優先順位があるのです。

 

その友人は新しくできたお店にランチに行って楽しかったと伝えたかったのではないでしょうか。そして、もしかしたら最後に、「今度はいっしょに行こう」と誘いたかったのかもしれません。

 

相手に何を伝えたいのかをよく考えて話しましょう。そして、長々としゃべるのではなく、一つの文章を短くすることが大切です。例えば、「おしゃれなレストランは、やっぱりランチに限るね」。自分のターンの話は、この程度の短さで十分です。そうすれば相手は「なぜランチに限るの?」などと、興味を持ってくれるでしょう。このようにして、自分だけが話すのではなく、相手も会話に巻き込んでいくのです。会話は言葉のキャッチボールですから、自分だけがボールを握っていては楽しめません。一人が話を長くキープするのではなく、どんどん相手にボールを送っていきましょう。

 

そしてそのときに、短い言葉で伝えれば、内容が凝縮されて話のボールの威力が高まります。パワフルなボールを相手に投げかけることで、相手があなたの話に興味をもってくれるのです。

 

会話を楽しくしたいのなら、伝えたいことを一点に集中させて、短いフレーズで伝えましょう。

 

スポンサードリンク

 

なぜ、あなたの話はスベるのか?

 

何かおもしろいことを言おうとしたときに、誰もが恐怖に思うことは「ウケない」ことではないでしょうか。お笑いの世界では「スベる」といいますが、お笑いタレントでなくても、一般人の私達であっても、自分のネタがスベることは、 極力避けたいものです。スベッたときに「まじかあっ!すべったぁぁ!!」などと叫んで、自分の失敗をフォローする人もいるほどです。ただ、このようなフォローは逆効果の場合も多いので注意しましょう。スベッただけでも聞き手は引いているのに、そこに畳み掛けるように叫ばれたのでは、ウザがられてしまうからです。

 

実際、素人がおもしろいことを言おうとしたり、何かギャグをしたりすると、ウケる確率よりもスベる確率のほうが高いと思います。これは「笑わせよう」、「みんなにウケたい」という気持ちがミエミエだからです。ウケたいために話を実際以上に盛ってみたり、お笑いタレントのような話し方をしてみたりするのは逆効果です。

 

ですから、スベりたくなければ、ウケを狙わなければいいのです。ウケを狙うという邪念があるから、シラケてしまうのです。ウケを狙うのは、きっぱり止めましょう。

 

ウケ狙いをやめる方法とは?

 

ウケを狙おうとすると、どうしてスベってしまうのでしょうか。笑いを取ろう、ウケようと思う気持ちは、敏感に相手に伝わります。そうすると、「何かおもしろいことを話すんだな」と相手が期待します。その結果、笑いへ至る閾値が高くなり、本来ならおもしろいはずの話題も、「何だ、その程度か……」と受け取られてしまうからです。

 

おもしろい話をするときに、ウケを狙って「聞いて聞いて! 昨日、ケッサクなことがあってね」という人も多いのではないでしょうか。しかし、開口一番に「おもしろいことを言うよ」と伝えてしまうと、聞き手の期待値が上がります。つまりスベりやすくなるわけですね。ですから、話の初めに「おもしろいことがあった」と言わないほうがベターです。よほどおもしろい話で、聞き手がお腹をよじるほど笑える話なら別ですが、ちょっと笑える程度の話題の場合、相手の期待値が上がっている状態では、なかなか笑ってもらえません。

 

「おもしろいことがあった」と開口一番に言うかわりに、笑いながら話し始める人も多いですね。これも、同様の理由でおすすめできません。話し始めから笑っていたのでは、相手は「おもしろいことを言おうとしているな」と察知して期待します。会話が進んで話が盛り上がり、自然と笑いが出るのなら別ですが、話の最初から笑うのは止めておきましょう。

 

それよりも、真面目な顔で会話を始めましょう。お笑いタレントの小藪千豊さんも、『人志松本のすべらない話』で何度も賞をとるほどおもしろい話をする人ですが、あの人も話しているときには決して笑いません。どちらかというと、ローテンションでぼそぼそとしたイメージで話しています。

 

このように真面目な表情で話すと、相手も真面目な話かなと思って聞いてくれます。それなのにおもしろい話が出ると、意外性があって笑いが起こるのです。私たちも、小籔さんスタイルを目指しましょう。淡々と話しながら、おもしろい一言で相手を笑わせる、そんな笑いが理想です。

 

スポンサードリンク

テンションが低い人の方が面白い話が出来る|喋らない人の笑わせ方関連ページ

大切な心構え
下ネタで笑いを取る
おおげさな言い回し
勘違い
たとえ話
笑いを取りやすいネタと話題とは?|笑いを取る方法
人の真似で笑わせる
一言で笑いを取る
ボケのメカニズムを知ればいつでも笑いが取れるようになる
短いツッコミをビシッと入れるだけで笑いは取れる
ノリツッコミは笑いが取りやすいので、積極的に使うべし
擬音語・擬態語「オノマトペ」を使うと笑いが取れる
ジェスチャーで話の臨場感を出して相手を笑わせる
スマホをネタ帳にすれば、もっと笑いが取れるようになる
自慢話に「自虐」を添えれば笑いが取れる
共感+「でも○○じゃないですか」で話がどこまでも続く
笑いが取れたら1回休み。引っ張りすぎないのが会話のコツ
自己紹介のコツは「相手に見えている自分」を上手く使うこと
スベったときこそ笑いが取れるチャンス。ウケるマジックフレーズ
誰でも簡単に出来る2つの「オチ」の付け方と作り方
上手ないじり方10選|笑いが取れるいじり方をマスターしよう
上手ないじられ方のコツ|いじられキャラになりたい人必見!
上司や先輩のいじり方|可愛がられるいじり方
イラっとした話をストックしておけば、笑いが取れる
「話がつまらない人の特徴」を知れば、スベり予防に役立つ
笑いやユーモアのセンスを磨くとメリットがいっぱい
キンカンの法則を知れば、いつでもどこでも笑いが取れるようになる
ピクチャートークで映像化すれば笑いが取れる
笑いを取るための「勉強法」と「トレーニング法」とは

会話の基本 話題の作り方 笑いを取るコツ 飲み会の会話術 聞き上手になる 異性との会話術